業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル

ホールが導入する最新台の台数とかってどう決めてるの?|д゚)

投稿日:2017年8月11日 更新日:

Y氏です。

皆さんがホールへ遊びに行った時

お客さん
えっ?なんでこんな台が大量に導入されてるの?

と思った時ありませんか?

ホールの機械選定

まずはホールが新台を入れる時には、事前に機械を試打しますね|д゚)

させて貰えない事とかもあるんですかね|д゚)え?

メーカーさんに自社まで機械を持って来て頂くか、こちらからメーカーさんのショールームへ行って見るかと言う形になります。

ちなみに業界外の方でも見せてくれる所は沢山あります。

それでY氏が機械を評価する時は、各項目毎に分けて点数を付けていくんです。

販売台数

コンテンツ

スペック

演出、感触

販売価格

売却予想額

一番大事なのは、自店に必要なのかかを考える事です。

ぶっちゃけ販売価格は後回しです。

その分稼働すれば良いですからね。

大手には専門の部署がある

ここで個人的に重要だと思っているのは販売台数です。

もうどんなに良い台でも販売台数が需要(打つお客さんの数)を下回れば空台になります|д゚)

こないだも書きましたが、新台の寿命は平均で2週間前後と厳しい時代なので、新台の導入にはシビアです。

昔なら担当の「営業マン」が本社に遊びに来た時。

メーカーさん
今回売れてないんで、何とかお願いしますよ~。

と言われたら付き合いで買ったりしてたんですね。

だかしかしっ!

今はシビアです。

そんな余裕はありません。

購入履歴が決定打となる|д゚)

とはいえビッグコンテンツを控えてるメーカーさんは、その前に販売していた機械を、購入履歴として見ていきます|д゚)

販売台数が受注を上回るような「ビッグコンテンツ」販売台数が限られていますので、台数が足りなくなるという事ですね。

例えば・・・

「北斗の拳」

「モンスターハンター」

「バジリスク」

「緑ドン」

「番長」

「まどか✩マギカ」

「CR海物語」

「CR必殺仕事人」

「CRヱヴァンゲリヲン」

「CR牙狼」

「CR花の慶次」

などのヒット機種の続編です。

ここで機械購入履歴の登場です|д゚)

略して機歴とも言います。

具体的な例

例えば、今が8月として。

「サミー技研」というメーカーさんから、10月に5.9号機で「北斗と番長の絆」というビッグコンテンツの新台が出るとしましょう。

この販売台数は「30,000台」です。

このサミー技研さんは9月に2機種、新台で「〇〇」「××」という機種を出す予定です。←あまり良くなさそう

この「〇〇」と「××」がそれぞれ「15,000台」の販売だとしたら5.9号機の新台「北斗と番長の絆」に対して効力が働いたりします。

メーカーさん
「1台づつ」買えば「北斗と番長の絆」は「2台確保」出来ますし、「2台づつ」買えば「4台確約」しますよ。

とか、そういう感じですね。

そんな販売方法で良いのか

度々販売方法に関しては業界でも問題になったりします。

こういう売り方では、買えないホールが出るので不公正販売としても取り沙汰されます。

ただですね、Y氏はこれ一般的なお得意様に近いのではないかとも思っております。

どんな業界も常連さま、お得意さまには、お付き合いする上でご贔屓にしますよね|д゚)

と言いつつ、Y氏もそれは無いだろ~と思う売り方の時もありますよ。

そういう理由もあって、良く分からない台を大量に買ってるホールが出てくるわけです。

そういうのを見た時には「次にビッグタイトルが来るんやな」と想像して下さい|д゚)

-業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.