業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル

スロットの「設定配分」をどうやって決めているのか?店長の気分次第なのか|д゚)

投稿日:2017年8月22日 更新日:

Y氏です。

とあるスロット専門店の設定配分についてです。

パチンコ屋も会社なのだ

これはあくまで「1例」です。

全てのお店に当てはまりませんので、あしからず|д゚)

前に少し触れましたが、パチンコ屋も会社ですからね。

今後どう進んでいくかの「計画」(何年に年商〇〇億達成など)があると思います|д゚)

その計画に沿ってホールを営業していきます。

もちろん修正もしながら営業を行って行くわけで、それはどの業種も同じかと思います。

つまりですね。

よし、今日は出なかったから明日は高設定を入れてみよう!
Y氏

というより

「例えば」ですけど、この先の規制による影響が何月からどの程度で、何月にビックタイトルを導入して、大きい機械代の支払いをするのが何月で、地区内の競合店の動きがどうで、その時の市場はこうなっているであろう。

とか、そういう予測をしてます。

設定の使い所

そういった予測を計画にぶち込みます。

「効果的」に営業にプラスになる事が重要ですね。

組み立てた計画を達成する為に、必要な日だったり効果の得られる機種へ。

後に繋がる営業にする為に、その島にその台に高設定を使用してます。

では、いつ設定6を使う事で出玉による効果を得られやすいのか?

利益が出ている状況であれば「集まりやすい日」に「目立つ場所」へ使ったりします|д゚)

また平日の判り易い機種へ突っ込んだりします。

全てのホールがそうではないですが、ホールのオーナーは「無駄玉」と言われる「出しても意味が無かった玉」というのを嫌がります。

まあ、当然ですね(*゚-゚)

経営者と現場の壁

お客さんを呼ぶ為に出玉が必要と捉える現場役職者と、出玉を出したら利益が上がらない、お前らの給料が払えないという経営者の構図です(*゚-゚)

集客を一番に、考える事が重要なんですけどね。

なので、この出玉放出には、双方の認識が合ってないと、片や必要出玉、片や無駄玉となってしまいます(; ・`д・´)

ちょっと長くなったので、次に続きます。
NEXT|д゚)

-業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.