業界ニュース|д゚)

大阪府のホールさんに動画配信告知でも改めて注意喚起|д゚)

投稿日:

またしても大阪府警保安課から、大遊協さんへ広告宣伝の規制に関わる注意喚起が行われました。

少し前にも大遊協さんでは府警から指摘され、広告宣伝についての自主規制を行っていました。

しかしながら、実際に営業されているホールさんの中には告知を続けている所も多いのが実状です。

早速今回の内容を見て見ましょう。

動画配信告知

今回は動画配信サイトを利用した広告宣伝についてが主のようです。

注意喚起を受けた大遊協から、組合員ホールに通知されています。

上でも書いてますが、大遊協さんでは昨年11月に、広告宣伝の自主規制について決議していました。

コチラですね。

大阪府で広告宣伝是正の第1弾が投下完了|д゚)

大阪府県警本部保安課から11月9日に大遊協の「広告・宣伝問題特別委員会」の担当役員が招致を受けて指導されたと言うことです ...

続きを見る

大阪府で広告宣伝是正の第2弾投下で完全に終了|д゚)

大阪府の広告宣伝続報です。 前回はコチラ 大遊協さんの予告通り、ガッツリいきましたね。 規制内容 ライター取材、雑誌取材 ...

続きを見る

今回の注意喚起は、自主規制の対象として含まれる「動画配信サイトを利用した広告宣伝」についても、自主規制の趣旨を再確認し、法令の遵守を求めた。

前回決められた、全ての媒体で告知を禁止という事は、当然動画配信サービスも含まれる事は解ってるでしょうに・・・。

それでもやるのがこの業界。

別に驚くこともありません。

チクリ合いとか

尚、大阪府警保安課では、注意喚起を行うにあたり、事前に府下のパチンコホールの動画サイトを利用した広告宣伝について実態を調査

法令遵守されてる同業者さんやユーザーさんからのチクリ、タレコミから、裏を取って攻め込んだという事ですね。

法令遵守されてるホールさんからしたら、店外への告知が弱まれば、その分、自店の集客力も弱まりますから、競合エリアでは同条件(法令遵守)の営業を迫るホールさんが出るのは当然です。

基本的にこういう場合は、警察さんや遊技組合さんへのタレコミが主です。

いきなり隣のホールの店長が来て

 

X氏
うちの店は告知やめてるんやから、お前の店もいい加減告知やめろや!!ポスタービリビリーっ!

 

店員さん
うおりゃああああ!ドル箱蹴っ飛ばしー!

 

ひいい!
Y氏

 

とか恫喝する様なやり方はしません。

ホール関係者が証言

ホール関係者から「取材という文言が『協賛』や『提携』という文言に代わっただけであり、動画サイトを利用しての広告宣伝は出玉イベントを示唆して集客を図る広告である」との言質を得た。

ホール関係者から、というのが面白いですね。

動画が集客を図る広告である事など、聞くまでも無いでしょう。

行政処分は必須

実態を受け、大阪府警保安課では、既に動画配信サイトを利用した広告宣伝を行っているホールに立ち入りを実施し、違反を確認したホールには処分を行った。

残念です。

が、こうでもしないと繰り返されますから、致し方ありません。

この業界が風適法の下で営業してる以上、守る箇所は守らないと、もっと不要な規制が増えることの方が怖いんですけどね。

エリア内で更なるチクリ合いに発展して、無駄な事件が起きないといいですね。

-業界ニュース|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.