業界ニュース|д゚)

岩手県遊協が広告宣伝に対しての自主規制を強く要請|д゚)

投稿日:

岩手県遊協(工藤嘉理事長)は1月23日、「広告・宣伝等の健全化の徹底について~岩遊協における広告・宣伝に関する申し合わせの遵守について~」と題する文書を組合員ホールに発出。
同県遊協がイベント開催などの広告宣伝を全面的に禁止しているにもかかわらず、県内ホールがイベント会社、ライター、YouTuberなどへ依頼し、事前告知を伴う広告宣伝をホームページやLINE、チラシなどで実施していると指摘。
風適法が禁ずる「射幸心をあおるような内容、方法による広告宣伝」にも違反している現状に憂慮を示した。
また、県警も状況を認識しており、県遊協に対して自主規制を順守するよう、強く指導することを求められたと明記。組合員全員が申し合わせ事項に真摯に取り組むことを要請している。
同県遊協では、県警の指導をきっかけに、2004年に新台入替や新規オープンの広告宣伝期間の制限などを定めた自主規制を策定。
2006年には、「岩遊協の申合せ(自主規制)事項について(通達)」を発出し、「広告宣伝は、新規出店や全面改装の開店日を挟んで2週間以内、新台入替は前日および当日のみ」「告知は、店名、開店時間、機種名のみ。機械や島、イメージガールの写真、映像は不可」とするなど、より厳しい内容に。また、出玉を想起させるイベントも、すべて禁止としている。

プレイグラフ

県遊協の自主規制

2004年2006年に決められた自主規制も、新台入替は前日及び当日のみという中々厳しい内容になっていました。

営業者側からしたら機械購入で数百万~の費用を使っているのに、前日からの告知だけと言うのは正直辛いですからね。

他がやってるからやる

業界の風潮はこうですね。

隣のホールが広告宣伝してるからうちも広告宣伝をする。

更に隣のホールがそこまで謳ってるならうちも謳う。

過激さを増して歯止めが効かない状況になってしまうんですね。

ストッパーとして

ペナルティが発生しないのであれば、当然ながら集客したいホール側は続けてしまいます。

県遊協で決めた自主規制にはペナルティが存在しなかった訳ですから、最終手段として県警も状況を認識しており、県遊協に対して自主規制を順守するよう、強く指導することを求められたと文面を発するしかなくなったんでしょうね。

県警が動いている=行政処分(ペナルティ)は簡単に想像できますからね。

とは言え実際に自分のホールか、周りのホールで行政処分が下らないと続けてしまうホールさんがあるもの事実です。

しかし告知は、店名、開店時間、機種名のみ。機械や島、イメージガールの写真、映像は不可って言うのは(; ・`д・´)

お客様からしたら機械の画像くらいみたいですよね(; ・`д・´)

それは流石に射幸性の部分には繋がらないと思いますけど、自主規制ですから遵守するしかないですね。

-業界ニュース|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.