業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル

回胴遊商さんが政治的活動を活発化してスロットを適合させる手法に|д゚)

投稿日:

こんなニュースもありました。

回胴遊商(大饗裕記理事長)は1月21日、東京都文京区の「東京ドームホテル」で関東・甲信越支部の新年研修会を開催。組合員208人が参加した。大饗理事長は規則改正に伴う6号機の自主規制について、「一昨年の6月に、パチスロを扱う業者にとって、死刑宣告に近い規則の改正案が示され、やむにやまれず、政治的な活動を始めた」と説明。その上で、今後について、「ほんの少しパチスロが良くなっただけでは、抜本的な改善にはならない。政治的な活動を活発化し、われわれの業を確立しなければならない」と熱弁した

回胴遊商とは回胴式遊技機商業協同組合さんの略称で、主にスロットの販売を行う商社さんで組織されてる組合ですね。

6号機の適合率

ルール通りメーカーが作れば型式試験を通すと仰ってる警察当局に対して、ルール通りに作ってるのに通らないというメーカーさんとのやり取りが続いているようです。

そんな中に、パチンコチェーンストア協会のアドバイザーを務める秋元議員を含む、議員連盟が間に入り円滑に事が進むようにしていくと言う話です。

政治的活動を活発化

一時適合率は上がったものの、ここ数ヶ月で10%まで落ち込んでいるようです。

メーカーさんも新たなシステムを搭載した6号機を開発しまくっている様ですが、旧基準機と混合してしまう今の市場にハマる6号機は出せません。

この発言がどこまで本気度の高いものなのか分かりませんが、メーカーさんも頼らざるを得ない状況なんでしょうね。

-業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.