Y氏の「言ってみた」

広告宣伝規制事情と最終最後の規制文言|д゚)

投稿日:

12月1日から自主規制を行っている大阪ですが、こんなお話が出ていました。

大遊協さんがホールさんからの問い合わせで、有名人のサイン会や握手会など、遊技をしない来店は出来るかの質問に、事前告知は特定日を想起させるとして自粛対象内として決定した。

という事ですね。

まだそんな質問をするホールさんがあるとは(; ・`д・´)

文言が悪いのか

ずっと言ってるんですけど、規制の文章っていつも抜け道を探される内容ですよね。

事前告知により日程を謳うことが特定日を想定させる事、つまり射幸心を著しくそそる恐れがある事への規制なのに、それを書かないのが何故なのかと思います。

埼玉のホールさんでも○月✕日某ライターさんの景品入荷!←これも当然、○月✕日という特定日を想定させてしまう訳ですから規制対象ですし。

大遊協さんの回答1

ただこの大遊協さんの回答だけ見ると、じゃあ事前告知を一切行わずになら、ライターさんが来店してサイン会や握手会を行う事は問題ないという見解になるんですよね。

そもそもライターさんが来店して遊技される事自体に規制は無く、そこに来店日の事前告知が絡むから規制対象にされていますし。

こんな手法

この手法は訪れる日程を一切告知せずに、ライターさんを呼んで握手会やサイン会してもらう事ですね。

当然事前告知してませんから、当日そのホールさんに来店されたユーザーさんしか知らない訳で、ホールさんからしたら費用対効果としては薄いですけどね。

ただ、その一部のユーザーさんがtweet拡散して来店客を増やしてくれたら、広告宣伝会社さんもホールさんも告知に関与してませんから、これは問題ない類に入ってしまいますね。

一部の地域ではホールさんが関与(費用を支払って依頼)する事に対しての規制もありますけど。

大遊協さんの回答2

また大遊協さんの事前告知が駄目と言う事については、来店日の事前告知を一切行わずに、○月✕日は○○が来店してましたと言う告知には問題がないわけです。

しかしながら、それが必ず毎週金曜日に来店してたらじゃあ次の金曜日も来る可能性があるなと特定日を想定させてしまいますね。

時間と費用が掛かりますが、結果的に毎週金曜日は熱い日になってしまう訳です。

最終最後の規制文言

頑張って規制の抜け道を探そうとしているホールさんに対して、同業者の視線はかなり冷ややかになっており、当然チクリ合いに発展してます。

自主規制文章に引っ掛からなければ良い訳ですから、まだ抜け道が探せてしまうのは良くないですね。

そうなると・・・

新装開店、グランドオープン、リニューアルオープン以外は、ホールが第三者に費用を支払っての告知、如何なる出来事の事前告知、事後告知を一切禁止と言う必要がある訳ですね。

費用を支払わずにライターさんが来店される事や、関係者以外が勝手に宣伝してくれる事へ規制は出来ないでしょうし。

恐らくこの辺が規制の限界で、実際にそういう事案で行政処分が行われないと変わりませんね。

-Y氏の「言ってみた」
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.