Y氏~追想の刻

追想の刻episode1-3~誘惑~

前回はコチラ

追想の刻episode1-2~始動~

ホールのアルバイトと社員の違い。

これは法人さんや各ホールさんによってかなり仕事内容は変わります。 

某駅前店では・・・

もうY氏がアルバイトとして、この冥王ホールで働き出して2年近く経とうとしていました。

 Y氏は翌日早番の癖に、昨晩も店長と飲みに行ってしまい、二日酔いでした。

休憩していると店長がアイパーを整えながら休憩室に入ってくる。

 

Y

「お疲れ様です・・・。

店長はホントに酒強いっすね・・・。」

 

中村店長

「アホかお前は。

あんなん飲んだ内に入んねぇよ。」

 

今日はかなりご機嫌の様で、休憩室に入って来るなり目押し練習用に設置してあるニューエスカルゴを回し始める。

Y氏は強烈な二日酔いでもはや、全く喋る気力も無かった。

デュルル!

エスカルゴのテンパイ音が聞こえてくる。

 

中村店長 

「このエスカルゴは愛嬌あるなぁ。

お前ももう少し愛嬌がありゃいいのになぁ?」

 

10ゲーム程回すと、店長はY氏に近付き肩に手を置いて言った。

 

中村店長

「でよぉ・・・お前は社員になる気あるんだよな?」

 

リーダーへの誘い

Y氏の肩を握るその手はごつく、二日酔いが吹っ飛ぶ力加減だった。

 

Y

「・・・まあ、無くはないすけど。」

 

中村店長

「つーかよぉ、いまこの店がリーダーが不在なのは知ってるよなぁ。」 

 

Y

「リーダー・・・」

 

この店の役職には店長、主任、リーダーという役職が存在しており、社員しかリーダーになれない。

 

冥王ホールの前リーダーは現主任との反りが合わず退職してしまい、リーダーのポストが空いたままだったのだ。

 

Y

「でも俺はあの主任の下ではやりたくないですよ。

あの人の下で働いても喧嘩しちゃうの目に見えてますから。」

 

ここの主任はなぜかY氏を敵視しており、やたらと突っかかってくるのだ。

 

中村店長

「あぁ大丈夫だよ。

あの主任は訳あって別の店舗に異動になるから、そこから新しい主任がここに来んだよ。」

 

中村店長

「そんでよ、新しい主任の手助けと言っちゃあなんだけど、もう2年近く働いてるお前にリーダーをやって欲しいんだよ。」

 

Y

「手助けって、店長が居るじゃないすか?」

 

中村店長

「馬鹿野郎ぉ俺は忙しいんだよ。

たまーに本社にも顔出さなきゃなんねえだろ?だからお前が主任のお手伝いをするんだよ。

つーかこれはチャンスなんだぞ?」

 

Y

「ホントにたまにじゃないですか・・・

しかもリーダーって何やるんですか?」

 

中村店長

「簡単に言うとシフト管理、景品管理、備品管理、まぁホールの管理業務だぁ。」

 

Y

「んーちょっと考えさせてください」

 

物語は加速していく・・・

 

To be continued...

 

この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません

 

ニューエスカルゴ
 
スロットメーカー川原産業が販売した機械で、可愛いエスカルゴのキャラクターをモチーフにしたAタイプヒット機種。

-Y氏~追想の刻
-

© 2017 Y氏 Powered by AFFINGER5