業界ニュース|д゚)

全日遊連が高射幸性機の撤去スケジュールを破壊|д゚)

投稿日:

直近のホールさんの課題としては高射幸性機撤去問題があり、31年1月31日までに設置比率15%にすると全日遊連で決定しておりました。

高射幸性機問題も

予定されていた通り秋口から登場したHEY!鏡は、しっかり実績を作り市場の期待感を一気に高めました。

しかしその後に続く販売が無く保通協さんがガッポリ儲けております。なんという底なし沼・・・

それは百歩譲って良しとして、6号機の販売スケジュールと販売台数から、強めな機械購入履歴抱き合わせが懸念される状況となっています。

高射幸性機については、販売されるであろう6号機を購入して高射幸性機を撤去するという、当初のスタンダードな動きが出来る法人さんが限られてきてしまったのです。

我らの阿部理事長

そこで全日遊連首領阿部理事長が水面下で動いていたんですね。建前では我々で決めたものは守らなくてはならないっ(`・ω・´)キリッて仰ってましたが、ねじ込んだようです。

まあ中古や倉庫の再設置で凌いだとしても、検定期間考えれば2年使えないのが実情ですし。え?そもそも1週間持たない?確かに|д゚)

ここで阿部理事長が声を上げて、ホール団体として高射幸性機比率のスケジュールを延期させる事は、今後に対しても意味を成しますからね。

次の理事長選も固そうです|д゚)

いつになるのか

どの法人さんも15%へ向けて計画的に入替を行っている最中ですが、ここで全日遊連として文書を出した以上は、もう確定事項と見て良いでしょう。

みなし機の撤去は風適法ですから仕方ないですが、高射幸性機についてはホール側は販売されていた物を購入しただけですからね。

高射幸性機を入れ替える機械が無いなら、撤去の時期を延期するというのは解ります。

入れ替える機械をバンバン購入出来る体力の法人さんも減ってますけど|д゚)

30年11月14日の理事会での抵抗を待ちましょう。

-業界ニュース|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.