業界ニュース|д゚)

鹿児島県でも広告宣伝自主規制強化を決定!だけど微妙過ぎる強化に違和感|д゚)

投稿日:

鹿児島県遊協は以前から、広告宣伝の中でも特にライター来店については、行政側から指導を行うよう言われておりました。

今回の自主規制

2019年1月1日より新たな自主規制を設けるとの事です。

最近、自主規制を発表した都道府県遊協のほとんどがライター来店自体を禁止にしました。

それに比べると今回の鹿児島県遊協さんの自主規制については、え?と言う今更感と比較的軽いなという印象です。

では見てみましょう。

ライター取材などに属するものは、月1回(1日)限りとすること。告知期間については実施日を基準日として3日前から当日まで。

告知方法についてはホール内での掲示及びマイクによるアナウンスによる来店の事実のみとし、掲示物やライター等により特定機種を推奨する事はNGとした。

加えてテレビやラジオ、折り込みチラシ、DM、インターネット媒体、SNSなどの外部告知は一切不可とし、外部告知には店舗主導によるものの他、イベント企画会社や広告代理店、パチンコ情報誌の出版社など、第三者が管理する媒体も含まれるとしている。

独自の規制

鹿児島県遊協さんの自主規制ではライターさんの来店自体は月1回ならOKとしながら、告知は店内のみにして下さいという規制になっています。

この月1回ならOKという判断ですが、何故月1回なら良しとしたのか・・・。

何回もやると射幸心を煽るからという理由なんですかね。

ですが既にライターさんの来店を規制されている都道府県から言わせれば、月1回だろうが2回だろうが毎日やってなければ、これは特定日に該当するものですからね。

いずれ禁止せざるを得なくなりそうなものを、改めて良しと発表してしまって良かったのか。

今回の規制の大雑把な内容としては、特定日は良しとしても特定機種は絶対にダメだという姿勢ですね。

自主規制の経緯

既にライターさんの来店自体を禁止している地域では、何処までグレーゾーンでいけるかを追求してきたホールへ対しての処置です。

もう一つは〇月〇日に〇〇が来ると言うのは特定日を想定させる事に該当してしまうからです。

鹿児島県遊協さんが決定したこの自主規制内容で、やっぱり来店自体を禁止にしようと言う状況にならないか心配です。

近隣県では

ついこないだ福岡県では、ライター取材、有名人の来店依頼の発注は行わないように注意喚起されていました。

またお隣の宮崎県でもホールが関与した有名人等の招致来店及びイベント性を持った屋台営業などは認めないとされています。

しかし佐賀県は、ライター来店については月2回までOKにしていた筈なので、県境にあるホールさんではいい加減統一しろ!って思いますよね。

この問題もまだまだ先が長そうです。

-業界ニュース|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.