闇が深い「換金」のお話をしましょう|д゚)

業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル

闇が深い「換金」のお話をしましょう|д゚)

投稿日:2017年8月14日 更新日:

Y氏です。

「遊技業界」は「公営ギャンブル」では無いので、「景品カウンター」での「換金」が認められていませんよね。

3点方式の仕組み

パチ屋がお客さん用に「景品」として「特殊な景品」を問屋から仕入れる。

お客さんがパチ屋で出した玉、メダルを「特殊な景品」(ボールペンや金地金入りカードなど、地域によって異なります。)に交換する。

その「特殊な景品」を持ったお客さんが「たまたま換金所を見つけて」お金に換金する。

この繰り返しですね。

今は「謎の勢力」が作り上げたこの「3店方式」で、パチンコ産業は「成長」しました。

「換金」あってのこの産業ですから「換金」しないのであれば「ゲーセン」で遊ぶだけなのです。

換金所はホールと無関係

「パチ屋」と「換金所」は関係ありません。

関係があってはならないのです|д゚)

「お店の横」にあっても関係ありません(; ・`д・´)苦しい・・・

お店に「換金所」の場所を聞いても、上の人間に「答えるな」と言われてる筈です。

「釘調整」みたいなもんですかね|д゚)

Y氏も最初に、この仕組みを知った時に笑いました。

「大人の世界」は汚いなと思いました|д゚)

ですが、これが「大人の世界」なんだなとも思いました←小学生並の感想を言うY氏

グレーゾーンの解決が必要

この「3店方式」は度々「問題視」されてますし、国会でもそろそろ本格的に切り込んで来そうですね。

そもそも「パチンコ&スロット」に人が来るのは、やはり需要があって求める人がいるからですね|д゚)

「レジャー白書」で減ってると言っていますが、それでも「900万人」からの「参加人口」があるんですね。

この「グレー」ゾーンを、いつまで「グレー」ゾーンにしておくのか。

「カジノ」と並行して今後の動向に注目です。

-業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル
-, , , , ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.