カジノのスロット|д゚)パチ屋のスロット|д゚)違いは? | PS遊技業界CH

カジノ情報|д゚)

カジノのスロット|д゚)パチ屋のスロット|д゚)違いは?

投稿日:2018年2月26日 更新日:

Y氏です。

衆議院予算委員会で「日本型カジノ」の合法化議論についての「質疑」が熱を帯びております。

そのなかで大西議員は、カジノが合法化された際、カジノに設置されるスロットマシーンとパチスロ機との違いについて質問。

登壇した小此木国家公安委員会委員長は、「我が国でのカジノにどのようなものが設置されるかは、現時点では明らかでないが、外国の例を仄聞するに、一般にカジノに設置されているスロットマシーンは、現金を得るか失うかというものと承知している。他方、パチンコ営業における回胴式遊技機を用いた遊技は、風営適正化法にもとづき、現金または有価証券を賞品として提供することが禁止されるなどしており、こうした規制の範囲内で許可を受けて営なまれるパチンコ営業は、賭博罪に該当しないと認識している」と答え、両者の違いを説明した。

遊技通信様より一部抜粋

違いの説明とは|д゚)

この質問の「趣旨」ですが、あくまでも「合法化」と「依存症問題」についてです。

残念ながら両「スロット」の「操作方法」に付いての質疑ではないですね|д゚)

「換金」について、また「依存症対策」をどうしていくのかへの「切り口」。

もういい加減「パチ屋」を「日本型カジノ」の議論で出すのやめましょうよ(; ・`д・´)

ずっと「風適法」の下でやってるじゃないですか。

散々「規制」して「依存症対策」もやってきたし、結果的に「3店方式」に突っ込みたいなら「3店方式」についての質疑でやって欲しいもんです。

もしくは「風適法」が変えられるなら、そっちで頑張った方がいいですよ。

カジノのスロット

さて「国家公安委員長」の「答弁」です。

「一般にカジノに設置されているスロットマシーンは「現金」を得るか失うかというものと承知している。」

という事ですね。

正確には「直接的」に現金を「得るか失う」かでしょうけども。

いわゆる「賭博」ですね。

そうです。「カジノ」の定義は「賭博」を行う施設の一つとして位置付けられてますから、「現金を得るか失うか」という事を委員長が「名言」しても問題ありません。

パチ屋のスロット

答弁です。

「パチンコ営業における回胴式遊技機を用いた遊技は、風営適正化法にもとづき、現金または有価証券を賞品として提供することが禁止されるなどしており、こうした「規制」の範囲内で許可を受けて営なまれるパチンコ営業は賭博罪に該当しない」

という事です。

実際は「貸メダル」でお金を使って最後は「特殊景品」に交換するので「間接的」に現金を「得るか失う」んですけど、そういう事を委員長は言えません。

Y氏もちょくちょく「現金」を失ってます|д゚)え?

そして「現金または有価証券を賞品として提供することが禁止」されていますから「メダル」を出したら、その代わりに景品カウンターで「特殊景品」「ボールペン」「金景品」などと交換していくんですね。

そしてユーザーが、たまたま「ホール」の近くで「営業」していた「景品買取所」を見つけて「換金」していく流れですからね(; ・`д・´)

「3店方式」についてはこちです。

闇が深い「換金」のお話をしましょう|д゚)

Y氏です。 「遊技業界」は「公営ギャンブル」では無いので、「景品カウンター」での ...

続きを見る

いい加減苦しい「3店方式」

こういった「答弁」を見ていると本当に苦しくなってきてますよね(; ・`д・´)

もう「周知の事実」の中「3店方式」を続けていくのは苦しい。

かといって今の状態での「換金合法化」はもっと苦しい

いっその事「パチンコ業」自体がこの機会を利用して「風適法」から外れて「日本型カジノ」の一つとして「カジノ法」を適用していった方がいいのではないかと思いませんか?

「警察庁」が黙ってないでしょうけど(; ・`д・´)

-カジノ情報|д゚)
-, ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.