そうスロットの悪夢は「2016」から始まったんです|д・) | PS遊技業界CH

Y氏~追想の時

そうスロットの悪夢は「2016」から始まったんです|д・)

投稿日:2017年10月8日 更新日:

Y氏です。

3連休に入っておりますが、やはり「取材系」を行ってる所が多いですね(*゚-゚)

もはや「土日」だから集客するというものでも無いですし、特にスロットは「新台」に頼れませんからね。

10月中旬の「新装開店」

そんな中で「新装開店」に目を向けると、パチンコは「まどマギ」増台。

スロットは「中古機」や「自社倉庫」から引っ張り出して来た機械が導入されていく模様です。

「マジハロ5」「エウレカAO」「戦国乙女西国」「戦コレ2」など、バラエティなら今でも動きそうな感じですね。

他にも「まどマギ2」「バジⅢ」を再導入など動きは様々です(*゚-゚)

Y氏は、これらの機種には苦い思い出があります。

悪夢のスロット2016

いわゆる「5.5号機」と呼ばれる「2015年12月以降」に検定を通過してきた機種達ですね。

「メガヒット」を記録してきた「北斗の拳・押忍!番長・モンスターハンター・バジリスク・まどか☆マギカ・ミリオンゴッド・ルパン三世」

これらの「ビックタイトル」シリーズ「後継機」が結構な台数で導入されては「バタバタ」と倒れて行きました。

その代わりとなる「新台」を入れるも、それすらコケるスパイラルに入り当然「ホール」は「機械代回収」も出来ず。

更に「集客」を「減少」させ「負債」だけ「増加」して行く。

これが今も続く「悪夢」です。

特に「プロジェクションマッピング」を搭載した「ポセイドン」が見事にズッコケたのは記憶に新しいです(; ・`д・´)

求められる出玉性能

やはり「ポセイドン」は上記シリーズ内でも「前作」と「比較」して1番「出玉性能」で「ギャップ」があった機械だと思います。

逆に「番長3」は「出玉性能」に大きな「差」が付かず、更に小役の「ベル」を上手く利用した「二段階ゾーン」を付けて何とか稼働を得ております。

2016年当時は、極端に言えば「バジⅢ」の「液晶演出」のままで良いので「バジ絆」の「出玉性能」を持っていれば「バジⅢ」は動くと考えてました。

「ポセイドン」もそうです。

むしろ「演出面」なんかは、とても綺麗でサウンドも含め「前作」を上回っていると言っても過言ではありません。

しかし「出玉性能面」で圧倒的に劣り「ハーデス」「凱旋」という「比較対象」が目の前にある現状「ポセイドン」が選ばれる事はありません。

というか「ホール」から姿を消しました|д゚)

いかに「出玉」を求めてる「ユーザー」が多いか解ります。

当然ですよね。

「パチンコ&スロット」なんて出なきゃ面白くないんですから|д゚)

当時の未来予想図

 他のシリーズも「ポセイドン」同様に「演出」自体がつまらないとか、そういった事が問題ではないです。

その「演出」に対しての「出玉」が付いていかない事に、問題があったと認識してます。

「メーカー」さんからは「ホールがもっと設定を使ってくれれば動く」という話も聞きましたが、それは別で書きます|д゚)

つまり、この「現行機」が残っている内は「スペックダウン」した「後継機」が動くことは無い。

だけど「ギャンブル依存症問題」「出玉規制」が叫ばれてる昨今「現行機」が無くなるのは「時間の問題」。

「現行機」が無くなる時が来たら「北斗修羅・モンハン狂竜・まどマギ2・バジ3・ポセイドン」が「メイン機種」として「メイン通路」に「再導入」されて、「現行機」を失ったユーザーは「4号機~5号機」へ変わった時のように打ち始めるであろう。

そう思い半値でも「売却」せずに「倉庫」に眠らせておくべきだと考えてました。

所がどうでしょう(; ・`д・´)

30年2月1日の「規則改正」で「認定日」が決まってしまい、33年にはこの機械達ですら「みなし機」になります。

「みなし機」の扱いは正確には決定していないものの、ここまでの「流れ」を見れば設置を続けていられる「可能性」は少ないのではないかと思っています。

近いうちにまた「進展」があるかもしれません・・・。

-Y氏~追想の時
-, , ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.