Y氏の「言ってみた」

現状の3店方式の認識は|д゚)?特殊景品と景品交換所も再度おさらい|д゚)

投稿日:

こないだ「3店方式」について触れましたが、「3店方式」の「違法性」の「有無」と「景品交換所」の存在について、2018年の状況を今一度確認しましょう。

【6月4日:質問】

一 パチンコ営業を営む者(以下「営業者」という。)が客に提供した景品(賞品)を客が景品交換所で現金に換える行為については、違法ではないと考えるが政府の見解は如何か。

二 関係当局は、二〇〇三年六月に行った「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」からの質問に対する回答において、概略「現在行われている換金行為のうち、営業者と関係のない第三者が客から景品を買い取ることは、直ちに違法となるものではない」と述べているが、現在においてもこの見解に相違はないか。

三 前記二で指摘した関係当局の見解が現在においても相違はないとすれば、同見解のうち「直ちに」とは何を意味するのか。

四 前記三で述べた「直ちに」とは、営業者が客から直接に景品を買い取ること又は営業者と同一とみなし得る者が景品を買い取る場合は、違法となり、取締りの対象となることを注意的に示したものであって、客から景品を買い取る第三者が、営業者と何ら関係がなく、かつ、営業者と同一とみなし得る者でない場合、そのような換金行為は違法ではないと考えるが政府の見解は如何か。

こちらは2015年にあった「小宮山議員」からの質問書ですね。

以前から「換金行為」について度々質問されております。

これに対する「政府」の回答は。

【6月12日:政府回答】

参議院議員小見山幸治君提出パチンコ営業に対する規制の在り方の一部不明確な点に関する質問に対する答弁書

一から四までについて

御指摘の「景品交換所」の意味するところが必ずしも明らかでないが、ぱちんこ屋の営業者以外の第三者が、ぱちんこ屋の営業者がその営業に関し客に提供した賞品を買い取ることは、直ちに風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)第二十三条第一項第二号違反となるものではないと考えられる。もっとも、当該第三者が当該営業者と実質的に同一であると認められる場合には、同号違反となることがあると考えられる。

現状の「換金行為」は「直ちに」違法になる、とは言えないと仰ってます。

今は、ここで一旦止まっている状況ですね。

「第三者」なら「直ちに問題ない」ですが、「直ちに問題」となるのは以下の例ですね。

パチンコ業界の闇3店方式|ョд・)「自家買い」違法店逮捕|д・)

おはようございます。 Y氏です。 こんなニュースが出てます。 福岡県警生活保安課 ...

続きを見る

とにかく今は「第三者」というのが「ポイント」になってますから、必ず「第三者」が「景品交換所」を経営している必要があるんですね。

そもそも「特殊景品」って

パチンコ屋の「景品」には、特殊景品」と「一般景品」の「2種類」があると言いますが、「呼び方」で分けて解りやすくしてるだけで、両方とも認識としては「一般景品」です。

確かに「景品交換所」で「買い取ってもらえる景品」なので、「特殊」なモノではありますけど。

「特殊景品」なんて「怪しい名前」を付けるから、余計おかしくなるんです(; ・`д・´)

「3店方式」を静かに行いたいなら「特殊景品」なんて名前を付ける方がどうかしてます。

「赤景品」「緑景品」「青景品」でも、パチンコ打つ人なら「色」のパワー関係はピンと来ますよね|д゚)

「機械メーカー」さんは、この「特殊景品」という名前を「色で表現」する時の為に「演出」で「期待度」を「色分け」して来たんですね←大嘘です。

特殊も一般も同じ景品類

基本的に「店内」の掲示物などで、近くの「景品交換所」の場所と「特殊景品が何円で交換出来る」かは表記出来ませんね。

「店内」に「景品交換所」で「交換出来る金額」が書いてある「ホール」さんがあったら、それは「神」です。

パチンコ屋は「景品交換所」がいくらで「特殊景品」を買い取ってるのか知らないです|д゚)え?

ですが「店内」で「特殊景品が何玉で交換できる」という表示は出来ます。

あくまで「景品の括り」として表示出来るという事ですね。

もし、仮に「特殊景品」が無くなったら「高額景品」を取って「メルカリ」や「ヤフオク」などで流す感じでしょうか。

それでも結局は、お店の近くに「高額景品交換所」が出現して「三店方式」に辿り着いてしまうのではないでしょうか。

それも「同額」で買い取ってもらえたらいいですけどね|д゚)

それくらい「特殊景品」は重要な存在です。

景品交換所について

この「景品交換所」は「基本的」に「古物商」の登録をされています。

「都内」だと「東京商業流通組合」通称「東商流」さんという「団体」が運営する「TUCショップ」さんですね。

こちらの組織も、とても偉い「警察OB」さんが沢山「再就職」されてます|д゚)え?

この「古物商」に対しての「考え」についても「管轄」する「所轄」次第で変わるようですね。

もっと言えば「1万円以上」の買取の際にも、「問題」が発生してしまう様ですがY氏は「古物商」の免許を持ってないので詳しくは触れません|д゚)

謎のルール

「景品交換所」の「場所」を教えてはいけない。

栃木も「非等価」か!?|д・)「換金率」について知ってて欲しい事|д・)

Y氏です。 栃木県でも12月から等価廃止 等価「廃止」という事ですね。 埼玉県も ...

続きを見る

「風適法」の中に「清浄な風俗環境を害するおそれのある広告、宣伝の規制」というものがあります。

これには「営業者による商品買取行為が行われている事を窺わせる表示」は駄目という事です。

場所を「教える行為」とホールとの「関係性」を結び付けるのは、どう考えても「強引」すぎますよね|д゚)

困った人が道を尋ねて来て、知ってたら教えてあげるというのは「道徳」の授業で習いました|д゚)

それは良しとして。

現状「3店方式」は継続されていて「直ちに違法とはならない」訳ですが、「政府」の「直ちに」違法にならないという言葉は「今後」に対しての保証にはなってないという事ですね。

近々、また違う「角度」から「質問」が来るかと思われますの|д゚)

-Y氏の「言ってみた」
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.