ホールさん「4月末まで」で広告宣伝違反29件処分|д゚都内が厳しい! | PS遊技業界CH

業界ニュース|д゚)

ホールさん「4月末まで」で広告宣伝違反29件処分|д゚都内が厳しい!

投稿日:

東京都遊技業協同組合の第51回通常総代会が5月23日、都内ホテルで開かれ、警視庁生活安全部保安課の栗城研生風俗保安対策官が行政講話を行った。

栗城風俗保安対策官は、(1)射幸性の抑制に向けた取組みの推進、(2)依存問題、のめり込み問題への積極的な対応、(3)広告宣伝等の健全化の徹底、(4)恒常的な暴力団の排除、再関与防止対策の推進、の4点について言及。

特に「広告宣伝等の健全化の徹底」では、特定の日に特定の遊技機を示してイベントの開催を告知するものや、メール等で隠語を使って出玉イベントを告知するものなど、規制の目をかいくぐろうとするような不適切な広告宣伝等が散見されると指摘。昨年はこうした違反を含めて94件の行政処分を発し、今年は4月末現在で29件の行政処分を科していると述べた。

また最近では、特定の日に実施するイベントを、取材と称してパチンコ雑誌等に掲載させ、大量な出玉をズームアップした写真を全面に出して掲載している状況も見受けられるとし、「広告宣伝については自主的に健全化が図られるように努めていただきたい」と要請した。

なお、冒頭には、昨年末から本年にかけて行われた認定申請について、警視庁で受領した認定申請件数が4万件超、台数が13万台超となったことを報告。栗城風俗保安対策官は、「当庁保安課の歴史の中でもこれだけ多くの申請を集中して受理したことは初めて」と述べ、比較的スムーズに受理ができたことに対し、都遊協各店舗の協力に感謝の言葉を述べた。

グリーンベルトさんより引用

大事な講話

いまだ「広告宣伝違反」で処分されているホールさんがあります。

処分といっても「種類」がありますから、その「頻度」や「悪質さ」などで重さが変わってくるんですね。

それについてはまた別の機会にでも。

今回はどんな講話だったのか見てみましょう。

(1)射幸性の抑制に向けた取組みの推進

これは「広告宣伝」の部分にかかってくると思いますが「射幸心」を煽る営業をせずに「大衆娯楽感」をだして「営業」してね。

全国で「交換率」を下げたり「レート」を下げたりすれば大分「射幸性」の抑制になりそうですけどね。

パチンコの「換金率2.5円」時代は回りましたし「スペック」も丁度良くバランス取れてましたもんね。

「全国一律」でやらないとダメですけどね。

(2)依存問題、のめり込み問題への積極的な対応

これも(1)と似たような項目ですが・・・

「依存症対対策」として「自己申告プログラム」の活用や「リカバリーサポート」の案内をしっかりと行うことと、ホールに必ず居なければいけない「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」の講習も忘れずにという事ですね。

(3)広告宣伝等の健全化の徹底

これがメインですね。

特定の日に特定の遊技機を示してイベントの開催を告知するものや、メール等で隠語を使って出玉イベントを告知するものなど、規制の目をかいくぐろうとするような不適切な広告宣伝等が散見されると指摘

どこのホールさんですか?やってるの|д゚)

また最近では、特定の日に実施するイベントを、取材と称してパチンコ雑誌等に掲載させ、大量な出玉をズームアップした写真を全面に出して掲載している状況も見受けられる

これはちょっと怒ってますね・・・

実際に「都内」での「取材日」や「ホール名」が出せなくなってる「イベント会社」さんも出ております。

(4)恒常的な暴力団の排除、再関与防止対策の推進

業界では平成4年の「暴対法」施行後から「暴力団排除宣言」を行い早20数年。

当時は「暴力団」との関係を断つ為に、並々ならぬ苦労があったと聞いております。

今も「暴力団排除活動」の講習などが定期的に開催されております。

怖いですね|д゚)

とにかく「広告規制」では「ライター」さんも含めて今後どうなってしまうのか、行方を見守るしかないですね。

-業界ニュース|д゚)
-, , , , ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.