2011.3.11あれから7年の現状|д゚) | PS遊技業界CH

Y氏の「言ってみた」

2011.3.11あれから7年の現状|д゚)

投稿日:

株式会社ダイナムは、東日本大震災の復興支援として、2017年9月1日から2018年2月28日の間、全国のダイナム店舗の来店客の協力により集まった玉・メダル相当額39,344,490円を岩手県、宮城県、福島県へ寄付し、目録贈呈式を行ったことを発表した。
これまでに同社が東北3県に寄付した金額は、合計6億1,200万円。
同社は「これからもお客様のご協力のもと、災害復興支援を継続していきます。」としている。

近年では「遊技業界」から「復興支援金」を集めて協力しているのを見かけます。

復興庁は31日、2017年度の東日本大震災復興関連予算の執行状況を公表した。
総額3兆3082億円のうち、33.9%に当たる1兆1207億円が年度内に使用されなかった。道路整備事業をめぐり、地元での調整に時間がかかったことなどが要因。未執行率は前年度(36.1%)より改善したものの、依然として3割を超えている。
事業別では、教育・医療など被災者の支援事業の執行率は84.2%だった一方、産業振興・雇用関連事業が53.1%、住宅再建やまちづくり関連事業が61.8%と相対的に低かった。
17年度予算の未執行分のうち、事業の規模縮小や見直しなどで生じた「不用額」は3865億円。残りの7341億円は18年度に繰り越した。

現状の復興度合いは

復興予算が「闇雲」に使われて行くよりは良いのでしょうが、「復興」の為のお金ですから、しっかりと現状を把握して「復興が必要な所」にはガンガン使って頂きたいですね。

というより「現状どうなっているのか」の「報道」が少なすぎて、特に西の方では「東日本大震災」の状況が解りませんし、「西日本豪雨」も逆に然りです。

復興自体が、どの様に進んでいるのか見えません(; ・`д・´)

順番は見えているのか

最初の段階では当たり前の様に、如何に早く「インフラ」を整備し「生活」出来る状態にするかに「復興予算」を使うと思います。

その後はどう進めていってるのか。

文中にも「調整に時間がかかった」とありますが、予算を下手に使えるものでもないので確かに「調整」はかなり大変なことだと思います。

ただ、「復興金」を使っていく「順番」と「復興箇所」が「決められていない」あるいは「決めかねている」状況なのではないかと思ってしまいます。

この「順番」と「復興箇所」が見えていて、しっかりと「復興」なされていれば、特に「復興予算」が未執行だとしても、「復興自体に滞り」が無ければいいですよね。

しかしちょっと調べてみると

復興庁が2018年1月にまとめた震災による避難生活者は、約7万5000人。この2年で10万人以上減ったが、まだプレハブ型仮設住宅での生活を余儀なくされている被災者が約2万人いる。親戚、知人宅に身を寄せている避難者も約2万人に上る。

福島県は17年3月末をもって、避難指示区域外から全国に避難している「自主避難者」への住宅無償提供を打ち切り。このタイミングで避難先の各市町村が自主避難者の多くを「避難者」に計上しなくなったこともあり、公的な数字としての避難者数は大きく減っている。

震災後の避難生活による体調悪化、自殺などによる「震災関連死」は、この2年で200人余り増えた。

(; ・`д・´)

未執行で良いのか

作業員の人手不足や建築価格が高騰している事も理由らしいですが、1兆1207億円が未執行なんですよね(; ・`д・´)何とかならないのか。

「復興庁」自体が「復興のプロ集団」では無いでしょうが、「専門家」を置いて、過去の事例から「復興させていく順番」を決めた状態で進めて行ってるのでしょうか(; ・`д・´)

「道路整備の調整」より、「住居」の方が先なのでは無いのか・・・(; ・`д・´)

「東北へGO」みたいなポスターを「JR」でよく見かけます。

もちろん「産業」を早く戻さないととは思いますが、「住居」はとっても「大事」なものですから、なんとかならないのですかね(; ・`д・´)

住宅再建に向けた取組及び復興の現状
東日本大震災により住宅が滅失した被災者の居住の再建については、自力での住宅再建が可能な被災者に対しては、被災者生活再建支援法に基づく被災者生活再建支援金(自宅が全壊し再建した場合等に最高 300 万円)の支給、住宅金融支援機構による災害復興住宅
融資の金利引下げ(当初5年間0%等)、旧住宅金融公庫や住宅金融支援機構による既存ローンの返済猶予等の返済方法の変更等、住宅ローン控除等の措置がとられている。
一方、自力による再建が困難な被災者に対しては、災害公営住宅の整備の促進を図るとともに、収入基準等により継続的に災害公営住宅等に入居することが困難な被災者に対して民間賃貸住宅の整備を促進することとしており、災害復興型地域優良賃貸住宅制度(賃
貸住宅整備費用補助の拡充、家賃低廉化支援)の創設、被災者向け優良賃貸住宅に係る割増償却制度の創設、被災した賃貸住宅所有者の再建費用に対する融資の金利引下げ(当初5年間0%等)等の措置
がとられている。

いやこれ「産業」が戻らないと「住宅再建」も無理なわけで・・・(; ・`д・´)

「再建費用の融資金利5年間0%」とか・・・

そもそも「再建費用」が無いって話ですよね(; ・`д・´)

住む所がしっかりしないで、しっかり働けるかって話です。

現状プレハブに「2万人」居て「仮に家族3人」だとしたら約「6,600世帯」となり一軒「2,500万円」で想定すると「1,650億円」ですね.。

1兆1270億が未執行・・・|д゚)

ここに執行できないのでしょうか。

もどかしいですね(; ・`д・´)

-Y氏の「言ってみた」
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.