業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル

30πの沖スロが欲しぃ|д゚)導入に踏み込めない3つの壁を乗り越えた先には|д゚)

投稿日:2018年6月16日 更新日:

Y氏です。

もう「6号機」が登場間近となり、スロットにも再び注目が集まって来ています。

5号機最強の沖スロを超えろ|д゚)沖ドキ!の後継機争い勃発|д゚)

「沖ドキ!」の後継機はどっちだ!? と勝手に言ってるY氏です。 「沖ドキ!」とは ...

続きを見る

昨日「沖スロ」について書きましたが、今回は沖スロが無いホールさんのお話です。

沖スロの歴史を変えた沖ドキ!

「沖ドキ!」と言えば「30π」でありながら、一時期中古価格が100万を超えた大人気機種です。

「30π」というのは、メダルサイズの事ですね。

通常のスロット遊技台」は「25π」が使用されますので、それより多少大きいメダルです。

「沖ドキ!」には「25π」仕様もありましたが、記憶から消されるくらい「30π」との稼働の差を見せました。

「沖ドキ!」が欲しい!

どこのホールさんも、競合店を上回りたいですからね。

これだけ人気のある「沖ドキ!」を欲しがるホールさんは多かったです。

ですが「30π」メダル仕様の「沖ドキ!」を導入するには「30πシステム」を導入しなくてはなりません。

Y氏’Sホールの1つも、こんな経緯がありました。

ホールさんによっては、壁が4つ5つとあるかも知れませんけど|д゚)

1つ目の壁

メダルサンド、30πメダル(1台×約3,000枚)、島メダル搬送&回収、M/C、研磨機などなど。

仮に「10台島」を頑張って中古で揃えたと考えましょう。

残念ながら「島メダル搬送&回収」はホールさんによって違うので、中古が不可能なのと、そもそもの機械代を合わせて考えると・・・

「5,000万」は飛んでいっちゃう勢いです(; ・`д・´)

そこまで設備投資にお金を掛けて、しかも出玉を出しながら回収するのは中々難しいですね。

2つ目の壁

「沖ドキ!」は「AT」なので、王道の沖スロではありません。

「沖ドキ!」が、5号機最強の沖スロになったのは間違いありませんけど。

この「沖ドキ!」がウケた理由は後述しますが、2つ目には「沖ドキ!」を超える機械、もしくは同様の機械が出続けてくれるのか?

という疑念が残ります。

「鳳凰」が好き、「キンハナ」が好き、個人差での好き嫌いはありますが、「沖ドキ!」ほどヒットした5号機の「沖スロ」はありません。

まだ成熟しきってない「30π」市場に多大な投資をして「沖ドキ!」の後継機が出なかったら・・・。

「沖ドキ!」だけで稼働が続いても、認定が切れたら「30π沖スロ島」が無駄になってしまいます。

この辺は資金が有ると無いとで、判断は大きく変わるでしょうけど|д゚)

3つ目の壁

「沖スロ」には地区によって「ウケる」地域と「ウケない」地域があるんですね。

「沖スロユーザー」を育てる力があれば良いんですけど、それには先述した出玉が必要になります。

下手すると散々お金を使って作り上げた「沖スロ」コーナーが、いざオープンしてみたらスッカラカンとなってしまう可能性が十分にあるのです。

沖スロの設置比率はこちらです。

沖縄県内における30パイ機の設置台数は、OPLの集計で1万4185台となっている。だが愛知県内における30パイ機の設置台数は概算で2万3000台と、沖縄県よりも9000台ほど多い。沖縄県よりも愛知県が、県内の人口、ホール数、設置台数のいずれでも圧倒的に数が多いためである。2017年6月末の時点でポータルサイト「P-WORLD」に公開されていた情報から集計した数値では、パチスロに占める30パイ機の設置比率が10%以上となる県を、74.9%の沖縄県以下から抽出すると、高い順に岐阜県27.2%、三重県25.9%、愛知県22.7%、新潟県21.6%、茨城県16.5%、岩手県11.9%となる。設置比率を5%以上とすれば、石川県、佐賀県、栃木県、群馬県、千葉県、長崎県、福島県が加わる。30パイ機設置比率の高い県が集中しているのはまず、岐阜県、三重県、愛知県の東海3県である。この3県だけで、全国の30パイ機の38.0%を占めている。沖縄県を除いた46都道府県の30パイ機に東海3県が占める比率は44.6%と、半数近くを占有している。沖縄県と東海3県以外に30パイ機の設置比率が高い県は、新潟県と、東京都・埼玉県・神奈川県を除く関東の3県、そして九州北部となる。

沖パチラボ様より引用

このデータは「沖ドキ」以外の「沖スロ」である「ハナハナ」なども含んでおります。

Y氏が10年くらい前に本場「沖縄県」に行った時にはびっくりしましたよ。

ほとんどのお店が「トリプルクラウン」専門店みたいに「トリプルクラウン」だらけでしたからね。

しかも稼働率がすごいという(; ・`д・´)

トリプルクラウン参考資料 

内地の方は見たこと無いかもしれません。

いわゆる「ジャグラータイプ」の機械です。

それでも「沖ドキ!」を導入する

「沖スロ」はこのような偏りを見せていましたし、導入前のY氏はメーカーの営業さんにこう言いました。

これは沖スロユーザー向けじゃないですよ。

下手したら動かないんじゃないですか?

Y氏
メーカーさん
ほぉっほっほ。いいんですよぉY氏さん。

これは「沖スロユーザー用」じゃありませんから。

ターゲットは「ATユーザー」です。

そうは言うけど、導入出来るのは今の沖スロの島じゃん・・・

ATユーザーは沖スロの島に寄り付かないよ・・・

Y氏

しかし実際に「沖ドキ!」を稼働させてみると・・・

ユニバさん!沖ドキ!増産しますか!?
Y氏

なるほど。

流石におバカなY氏でも「沖ドキ!」が、どこの地域でも稼働するであろう見込みはすぐに立ちました。

何故なら「沖ドキ!」は上記の様な「沖スロ」ではなく、特殊な「沖スロ」だったからです。←あんまり機械説明を聞かないY氏

擬似ボーナスを搭載した純増3枚スペック

ボーナス間G数やランプ点灯でのモード推測

1G連確定のカナちゃんランプ点灯

大きさと光具合がちょうど良いハイビスカスランプ

一撃必殺のロングフリーズ

そして1ゲーム連した時の「カナちゃん」の歌はウマヘタと言わざるを得ないのに、何故か「テンション」を一気に上げてしまう絶妙なバランスで中毒性があります。

作った人は天才でしょう。

カナちゃんの歌参考資料

「ハイスペック」であり、大量出玉が期待できハイエナも可能である。

つまり旧基準機を打つ人なら打てる「沖スロ」。

それが「沖ドキ!」なのです。

後追いした「沖スロAT」の、沖ドキトロピカル、沖ドキパラダイス、ニューチバリヨなどの結果はご存知の通りで、いかに「沖ドキ!」のスペックが時代にマッチしたのかが解ります。

そして、上の3つの壁すら乗り越えてくる期待値を持てるのも「沖ドキ!」ですね。

地区内に「沖スロ」が無ければ自店の価値になりますからね。

これをチャンスとみて決断したホールさんが「30π」の導入を成功させた例は沢山あります。

沖ドキの認定は?

沖ドキ!」は上手い具合に「高射幸性遊技機リスト」に含まれていません。

なので「沖ドキ!」の設置可能期限は認定を取っていれば「2020年6月1日」となっています。

最近「西暦」と「元号」がごっちゃになってしまうのY氏だけですか(; ・`д・´)

あくまで認定を取っているのが前提ですよ。

2月1日の「規則改正」が来る前に「検定と認定」について今一度確認しましょう|д・)

Y氏です。 都遊協さんから「検定機と認定機の定義」について、書面が送られて来まし ...

続きを見る

取ってないで使っている所はないでしょうけど|д゚)え?

そうなった時には前回書いた「美ラメキ」か「花人」か。

でも、やっぱり「ユニバ」さんから本命が来るでしょうね。

-業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.