業界ニュース|д゚)

2月1日の規則改正が来る前に「検定と認定」について今一度確認しましょう|д・)

更新日:

Y氏です。

都遊協さんから検定機と認定機の定義について、書面が送られて来ました。

ホール側は今1度確認して把握しておきましょう。

検定機の定義

検定日から3年間の有効期限を持っており 、部品交換・全国への店舗間移動or売却が可能な状態ですね。

新台導入してからではなく、あくまでも定められた検定日から3年間ですね。

そして2月1日からは、検定期間だけでなく有効期限を見落としてはいけません。

認定機の定義

検定期間の3年を過ぎる前に、公安委員会さんから認定を受けた状態の遊技機でこちらも認定日から3年間です。

部品交換可能、同都道府県内の同一法人チェーン店のみ移動可能で売買は出来ませんという事ですね。

例外として北斗転生など一部の機械では認定を受けたにも関わらず部品の供給が出来ないという事もあります|д゚)

使っていく為にお金使って認定したのに・・・

結局故障したら撤去しかないという・・・。

規則改正に伴う留意点

30年2月1日の規則改正により、現行規則機で2月1日以降に検定が切れる遊技機は、2月1日以降は認定申請出来ないのと認定の台数が多すぎるので29年中に認定申請して下さい。

次がミソです。

そして認定を受けた遊技機は全て認定日が30年2月1日になりますよという事です。

何が問題となるのか?

認定を受けると検定機に戻す事が出来ず、その代わり認定期間終了までは1回外して再設置も可能であり部品交換も可能で使い続ける事が出来ます。

ホールにとっての最大の問題は、認定を取ったら売却が出来なくなるという所です。

売却が出来ないという事は、認定を受けるとホールは設置し続けるか廃棄しかないのです。

一例とすれば「聖闘士星矢」の様に、現状200万円近くまで上がった台に対して認定を取るのか、今売買するのかどうかホールさんによっては悩み所であり対応はそれぞれ変わってくると思います。

メーカーさんの対応

この時に書きましたが。

業界の規制が広がる中、現役最高峰の「高射幸性機」の行方はどうなる!?|д・)

Y氏です。 結構簡単に考えてしまう他店メダル使用については、犯罪になってしまうと周知して頂いた所だと思います。 店内にポ ...

メーカーさん同士でも認定に対しての見解は結構違います。

新台を売る為には、現状のホールに設置してある機械を認定させない事で、入替させていく必要がありますからね。

ただ認定した分の部品だけは、しっかり確保しておいて頂きたい所です|д・)

-業界ニュース|д゚)
-, ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.