業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル

遂に現場混乱必至の「みなし機」問題勃発|д゚)

投稿日:2018年2月19日 更新日:

Y氏です|д゚)

先日立憲民主党の議員さんが動きましたが。

今回もまた都道府県、はたまた所轄単位で、大分温度差が出てきてしまっているようです(; ・`д・´)

みなし機問題への対応

巷では「2月1日でみなし機」の撤去が進められる予定等の情報でしたが、まだまだ普通に設置出来てるホールには、なんのこっちゃ状態です。

地域によっては「みなし機」は回収されていて、既に紅白幕などで囲われている所もあるようですね(; ・`д・´)

「みなし機」についてコチラ

「ぱちんこ遊技機」と「回胴式遊技機」には、検定とか認定とか色々あるんです|д・)

Y氏です。 前回「広告規制」に触れましたが、今回は遊技機ついて軽く触れたいと思い ...

やはり駄目なものは駄目ですから。

いつまでも「グレー」のままにしておくのはいけませんよね。

一旦グレーにしてしまったらズルズルと続いて行くのは、今回の「みなし機」の件もそうですが「三店方式」についても同じですからね(*゚-゚)

みなし機完全撤去の難しさ

こちらも以前書きましたが、機械入替には所轄警察署に対して申請してからではないと機械の入替は出来ません。

当然入替する機械を購入するか、自社で外した機械を再導入する事になりますね。

そして入替には「店休」を伴う地域や「時間変則開店」となったり、一日の売上額が大きいパチンコホールにおいては、営業に影響を及ぼしますから、簡単には出来ません。

「バジ絆」もホールによっては

出玉性能はもちろん、演出面で他を圧倒しユーザーさんを魅了し続け、未だに回胴界に君臨する名機。

この先も「バジ絆」を超えるマシンは登場しないのでは無いかと言わしめる程の完成度。

この「バジ絆」は既に3年の検定期間を終えて、更に3年使用出来る「認定期間」へ突入してます。

いつでしたか、このブログにも書いてたと思いますが、年末に近い時期に「バジ絆のサブ基盤ホッパー等を新品」にする事で認定申請を認めるという事になりました。

部品を「ユニバ」さんに発注し、不正されやすい一部の部品を新品にしてからの「認定申請」をしないと、正式な「認定機」とならず「みなし機」扱いで営業することになります。

みなし機扱いを選択したホール

当然「サブ基盤」「ホッパー」などを発注すると、その費用はホール持ちとなります。

交換、点検する人員もメーカーからの派遣となりますので、1台当たり「20万」程度掛かったと記憶しております。

20台あれば「400万」超えの費用となり、この予算を取りたくないホールさんは「認定申請」を諦めた所もあります。

ちなみにホールが「認定」を受けた機種かどうかは、台の外見からでは解りません|д゚)台の中にシール(組合非加盟メーカーは無し)が貼ってあるか、所轄から「認定通知書」を頂くだけなので。

遂にガチで動き始めたお上

そして、先日莫大な投資でM&Aを行い九州で「12店舗一斉グランドオープン」して話題となった「Dステーション」さんの関西のホールで、これを突っ込まれ営業中に台が「稼働停止」されてしまうという強硬手段が取られたという話が出てますね(; ・`д・´)

こんな自体は想像するだけでも恐ろしい事です。

ホールのイメージダウンもいい所です(; ・`д・´) こんな状況ですから。

「みなし機」については、近々大々的に動いて行きそうです。

-業界(*゚Д゚)(*。_。)アルアル
-,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.