業界ニュース|д゚)

都が「屋内原則禁煙条例」制定!その時パチ屋がやることはアレだ|д・)

更新日:

東京都の小池都知事が、8日に発表しております。

2020年東京五輪・パラリンピックに向けて東京都は8日、公共施設や飲食店などの建物の中を原則禁煙とする罰則付きの受動喫煙防止条例を制定する方針を固め、基本的な考えを発表した。都は同日、都民の意見を反映させるパブリックコメントを開始。今年度内に都議会に提案し、19年に日本で開催されるラグビーワールドカップまでの施行を目指す。

産経ニュース様より引用

Y氏の周りでは、やたらiQOSが流行しており、喫煙者を多く見かけますが、全国的には禁煙の流れで、建物内など喫煙スペースを探すのが大変です。

禁煙条例とパチンコ屋

この条例は「遅かれ早かれ」来る。

と言われてきましたが、以前に居酒屋の「全面禁煙」の話が出たときにアルコールとタバコの関係性は強い。

お酒を飲みながら、タバコを吸うそれが楽しみなのに、楽しみが無くなるなら、居酒屋に行かない。

という声が多数ありましたように、遊技業界も同様にタバコが付き物であり、パチンコ台、スロット台には、デフォで灰皿が付いてます|д゚)

しかも自動灰皿回収機導入店も多く、喫煙を前提としたホールが基本です。

更にはプレミアリーチ出玉爆裂中の、ふとした瞬間にするドヤ煙草が堪らないという方もいます。

そんなパチンコ店に禁煙の波が押し寄せるという(; ・`д・´)

既存禁煙コーナーの存在

愛煙家のユーザーさんからしたら、ホールで気軽にタバコが吸えなくなる事に、ストレスを感じる所でしょう。

昔からそうですが禁煙コーナーを作ったホールでは、見事に稼働が無いという結果になります|д゚)

理由として禁煙である事以外にも、ホールが禁煙コーナーに力を入れず、新台やメイン機を設置しないからという事もありますけど。

店内空きスペースの問題

今回の条例では娯楽施設は原則屋内禁煙→喫煙専用室設置可という事になっています。

つまり、店内に専用の喫煙ブースが設置される事になります。

だがしかし、都内のパチンコ屋で、そんなスペースを作れるホールさんて結構少ないんじゃないのかという話です(; ・`д・´)

昔からある都内のホールは台数確保に走ってますから、通路幅はギリギリで、台間もギリギリと余分なスペースを作ってません。

それで無理くり禁煙ブースを作るが故に、構造変更になってしまえば公安様も大忙しである(; ・`д・´)

そして、これでホールさんがやることは一つです|д゚)

きっと都内でリニューアルオープンが頻発する。

リニューアル詐欺が横行してしまう、この数年のホール事情|д・)

Y氏です。 最近でも「グランドオープン」「リニューアルオープン」は良く見かけますよね。 そもそもどんな意味? この業界で ...

絶対的に詐欺になるとは言ってない|д゚)

-業界ニュース|д゚)
-, , , , ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.