新台情報と検定通過情報|д゚)

新台「CR今日もカツ丼」豊丸さんがキテル!|д゚)

投稿日:2018年6月11日 更新日:

最近はアナログマシンも流行しており、「天龍」「ライジンマン」などの出玉を伴った変則スペックが人気を集めてます。

爆裂パチンコ「ライジンマン」をおさらい|д゚)

もうお馴染みですね。 巷じゃ「10万発」オーバーの報告もボチボチ上がってきてます ...

続きを見る

「アムテックス」さんのハネモノでは、一部ゴト行為が起きているようなので、注意しましょう(; ・`д・´)

そして、この「豊丸」さんから出てくる役物機のタイトルは、「CR今日もカツ丼」。

6月18日開店分からですね。

スペックは一撃「4,000発の一発台」です。

そして大当たり中は、以下の音楽が流れるそうです。

星条旗よ永遠なれ

GALAXY☆あっパレード

天国と地獄

クシコスポスト

ウィリアムテル序曲

AMEMIYAさんの歌で、遊技説明してくれます。

アンチ豊丸ファンからは「何だよコレ・・・」という声が挙がりそうですが、液晶に頼らないパチンコとして、再度注目していきたい所です。

ちなみに発音は「今日もカ↑ツ↓ドン↓」と「勝つ」ドンという感じみたいです・・・(; ・`д・´)

液晶に頼った末の遠隔疑惑

X氏
液晶が付いてないスロット?

今じゃ液晶が付いてて当たり前「ジャグラー」以外では打たないですよ。

と以前なら言っていましたが、「ジャグラー以外」でも「HANABI」を初めとするAタイプたちは、液晶が無くても「リーチ目や、リプレイ外しや、技術介入要素」から、好んで打ってくれる方が多数おります。

液晶が無くても作りが面白ければ、稼動しますね。

一方、パチンコには盤面があり、釘と役モノで、発射した玉の動きが作られますね。

そこに液晶がついて「デジタルで煽ってくる」訳ですが、これが主に「遠隔疑惑」を生んでいると言っても過言ではありません(; ・`д・´)

「CRカツ丼」なら、遠隔疑惑はどこ吹く風。

役モノによる玉の動きで、ユーザーを熱くさせる時代が又来たんです。

古臭さがウケ無い

ですが役物機とかハネモノって、デジタルがない分、絶対にこの「カツ丼」の様な古臭さが付いて回るんです。

逆に金が掛かりそうなんですが、もっと光と音を使い込んでアナログマシンを「今風」に仕上げてくれれば、売れそうなんですけどね。

「北斗の拳」でケンシロウの百烈拳役モノを潜って「V入賞」とか。

もうステップアップ予告や、保留色変化やセリフ演出は、お腹一杯ですからね。

現代の部品屋さんなら、当時より「技術力」はありますし盤面に「トンネル」作ったり「ブランコ」作ったり、本気で役モノを作り込んだら、液晶で見る演出よりも、もっと楽しい演出を見せれるかと思います。

お客さん
いやーあのメーカーの役モノの動き最高だわ。

ドキドキ感半端ない。

これで小当りラッシュとか楽しそうなんですけどね。

今や「スペック」の主流は「1/319」で、ほぼ同じ機械ばっかりです。

今後の機械作りの際には、上から落ちてくるロゴギミックばっかりではなく盤面ギミックで差別化を図っては、いかがでしょうか|д゚)

 

-新台情報と検定通過情報|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.