Y氏の「言ってみた」

【全国版】広告規制と来店イベントの行方!都道府県差と業界の内情を見てみましょう|д゚)

更新日:

先日、静岡県警から広告規制に関しての違反については、ホール側はもちろん、広告会社に対しても問題点を指摘するという旨の通達が来ました。

 

警察庁生安課長から来ていた通達

平成24年に、警察庁生活安全局保安課長から、ぱちんこ営業における広告、宣伝等に係る風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反の取締り等の徹底についてという通達が出ております。

 

各管区警察局広域調整担当部長、警視庁生活安全部長、各道府県警察(方面)本部長宛てに通達、つまりこれは全国に向けての通達です。

今から6年も前のお話ですね。

(1) 入賞を容易にした遊技機の設置をうかがわせる表示
(2) 大当たり確率の設定変更が可能な遊技機について設定状況等をうかがわせる表示
(3) 賞品買取行為への関与をうかがわせる表示
(4) 遊技客が獲得した遊技球等の数を示し、これに付随して賞品買取所における買取価格等を直接的又は間接的に示す表示
(5) 著しく多くの遊技球等の獲得が容易であることをうかがわせる表示
(6) 風営法第19条の遊技料金等の規制等に違反する行為が行われることを直接的又は間接的に示す表示
(7) 遊技の結果について客の技量により差異が生じる余地をなくしていることをうかがわせる表示

以上は風営法違反の該当性に当たるとされているというものですね。

平成24年頃は、イベントで溢れた時代でした(; ・`д・´)

全国に対しての通達なのに、なぜ都道府県毎で注意喚起や規制に対しての声明文を出してしまうのか。

その答えはここにあります

遊技業界は風俗営業であり、認可権限が都道府県公安委員会に与えられているというのが理由ですね。

その庶務は、国家公安委員会=警察庁都道府県公安委員会=都道府県警察が行うという事です。

つまり広告規制に対しても、都道府県別の公安委員会毎で管理されている遊技業界は、都道府県別で注意喚起や決まり事を作ってしまいます。

では、過去に取り上げられた都道府県毎の状況を見てみましょう。

こちらは県のホール団体が警察庁さんに注意されたパターンと、自ら自粛を呼びかけるパターンがあります。

都道府県別注意喚起

北海道 岩手県 宮城県 新潟県 埼玉県 群馬県 東京都 神奈川県 富山 静岡県 大阪府 三重県 愛知県 京都府 岡山県 福岡県 佐賀県 大分県 宮崎県 鹿児島県

 

北海道

賞品の取り揃えの充実や総付け景品の配布を利用して、特定機種を類推させる表現が増えていると警鐘。本日、海の日といった文言やイラストの表示はCR海物語シリーズを連想させることから広告宣伝規制違反になる恐れがあるとし、こういった広告宣伝を慎むよう注意喚起されている。

 

手県

広告宣伝できるのは新規出店や全面改装時の開店日をはさんで2週間以内、台入れ替え時の前日・当日のみ、告知できるのは店名、開店時間、機種名のみ。出玉系イベントも釘調整という違法な行為を前提としていると受け取られてもしかたがないという県警当局の見解もあり、全面自粛となった。

 

宮城県

ホールが行う雑誌取材、ライター、芸能人、有名人等の来店広告は一切禁止とする見解を示した。ただし来店イベント時における、注意喚起や事実告知程度の店内アナウンスは可とした。

 

新潟県

営業所外部へ向けた広告(ポスター、イーゼル、横断幕等)は、営業所周辺の風俗環境を害するおそれがあり、広告宣伝の規則に違反する可能性があることから、新台入替予定、有名人招致は前日・当日のみとする」「チラシ・ポスターは営業所外部に向けて告知しないこと」

 

埼玉県

業界紙の広告ページに記載されているため、ホールが料金を支払って告知しているものと考えている。無関係ですや、そんな意味はありませんなどの言い訳は一切聞かずに営業処分に。何の示唆もなくても特定日にだけ制服を変更する行為は口コミが入り次第調査して法則性があれば処分にします。

 

群馬県

POP等の不適正な事前告知例として、ライターの取材・有名人の招致等の事前告知を指摘
ことさらに特定の日、特定の機種等を関連づける場合や、遊技機の性能調整の実施をうかがわせる場合等も規制の対象とした。

 

東京都

「ことさらに特定の日を想起させ、著しく射幸心をそそるような行為に抵触する可能性がある」と指摘を受けた。上記の告知をしないこと、出玉系イベントを想起させる内容の全ての媒体広告(メールやインターネット上の広告、ブログ、ツィッター、LINE、専用アプリ等含む)を行わないよう注意喚起した。

 

神奈川

広告宣伝もついては、時代の変遷とともに悪質、巧妙化しております。違法若しくは不適切な広告宣伝が行われれば、風適法などによる処分対象者は風俗営業者になります。

 

富山県

当局としては、雑誌執筆者その他情報発信者による取材等来店は予告する性質のものとは考え難く、事前の告知は極めて不自然及び不合理であるとの認識を持っている。

 

岡県

問題視されたのは、主に広告会社がインターネット上で特定のホールの出玉データを公開する広告宣伝手法。同県警では、インターネット上の広告に関して、「広告会社が勝手に行っているとの解釈は通用しない」「風営法、県条例の処分対象者は風俗営業者であり、広告会社ではない」事をホール営業関係者に指導。

 

大阪府

「ライター・○○ガールズ、コンパニオン」招致の広告・宣伝を禁止している。事実上、ライターイベント実施を規制するものと受け止められている。なお、単なる芸能人の招致は、特定の日や特定の機種などを想起させないことから、招致・宣伝ができる。

 

三重県

三重県において条例の一部を改正し今年4月1日より、ホームページや会員メール等、インターネット上での著しく射幸心をそそるおそれのある広告宣伝を規制対象に追加したことを報告した。

 

愛知県

規制対象例として「ホームページ、会員メール、その他のアプリ等インターネットを利用した、著しく射幸心をそそるおそれのある内容の広告・宣伝」を挙げている。

 

京都府

「今後、同一店舗又は業者において同様の違反が繰り返される場合は、営業停止処分を前提に指導を行う」との方針を示したことを明らかにし、広告宣伝の内容を現場任せにすることなく法令違反の有無を確認するなど、法令遵守についての指導を徹底するよう求めた。

 

岡山県

「パチンコ・パチスロ情報誌の来店取材(ライター取材含む)、インターネットサイトを利用しての営業宣伝は行わない」来店取材自体を否定するものではないが、それを利用した営業宣伝がNGに。

 

岡県

福岡県警から出された文書には、ライター取材、雑誌取材、有名人の来店に関する事前告知(当日告知)を全て自粛する様にとういう内容です。今後は行政指導の対象となりますので、ライター取材、有名人の来店の依頼、発注を行わない様にお願いします。

 

佐賀県

「有名人等の招致(ライター取材、雑誌取材、キャンペーンガール来店等を含む)及び新聞折り込みチラシによる広告宣伝は月2回以内とする」「招致する場合は、1週間以上、間隔を空ける」「著しく射幸心をそそる広告宣伝はしない」の3点。

 

分県(NEW!!)

県警からの要請「法令に適合することを確保するための体制を整備し、又は強化すること」を重く受け止め、ライターなど来店取材はすべて禁止とします。特定機種を推奨するような景品イベントは禁止とします。県警の調査により、指摘のあった不適正な広告宣伝また、これに類似した広告宣伝は、平成30年11月30日迄に、すべて撤去してください。

 

宮崎県

「新台入替等を除く特定日等の記載された、店内外掲示、SNS、第三者ブログを利用したもの、等一切の広告媒体での事前・事後の告知」を禁止し、また「ホールが関与した有名人等の招致来店及びイベント性を持った屋台営業等は認めない」としている。

 

鹿児島(NEW!!)2019年1月1日より

ライター取材などに属するものは月1回(1日)限りとすること。告知期間については実施日を基準日として3日前から当日まで。

告知方法についてはホール内での掲示及びマイクによるアナウンスによる来店の事実のみとし、掲示物やライター等により特定機種を推奨する事はNGとした。

ポイント

ライターさんや有名人の来店自体NGな所と、来店自体はOKだけど告知はNGなど様々なパターンがあります。

 

一旦黙ってまとめましょう

いや解るんですけど、統一できないんですかね(; ・`д・´)

重要ポイント

 

規制対象の文言

特定の機種について、若しくはぞろ目の日等の特定日においてライターその他の者が取材等を行う旨、又は営業所の名称、地名、記念的行事若しくは特定の機種の名称等を冠し、若しくは特定の機種の題材となっている者が来店する旨の表示この文言が重要ポイント

 

上の文章も24年に出されたもので、自主的活動の要請という主旨で、全国的に自主的活動をしなさいと言ってます。

既に自主的活動強制力を持たないという認識は終わってます。

確実に強制力が働き、更にはペナルティも課される、そんな状況です今は。

都道府県の差とユーザーさんの声

しかしながら、都道府県毎に注意喚起しているので、うちの県内はまだ大丈夫という認識のホールさんが多いのも現状。

コチラはその内、嫌でも味わう事になるかと思います|д゚)

このまま取材系を続けて行くのは、既に注意喚起されているホールさんからすると狂気以外の何者でもありません。

こんな状態になってまで続けても仕方ありません。

 

詰まるところ、ホールが進む先はどっちなのか見えている筈なのです。

更にはイベントが無くなれば、ホールは設定を入れないというユーザーさんからの声もあります。

コチラはイベントが無くなる=ホールの設定が入らないではなく、正確にはホールが設定を入れても告知する手段が無く宣伝できないと言う事です。

ここは大分意味合いが違ってきますからね、設定を入れているホールさんは、設定入れている事を伝えたいけど伝えられない・・・!

でも実際に「アイランド秋葉原店」さんの様に、6の日にイメージがあったホールさんは来店イベントに頼らず集客可能で設定も入れます。

どう営業していくか

告知せずジワジワと設定示唆が出る台に、設定を入れ続けているホールさんの話は実際に聞いたりします|д゚)

口コミを広げるには時間が掛かりますねぇ・・・。

ですが、広告・宣伝に頼れない都道府県では、ホールの価値をどう高めていくかを考えていくしかないのです。

お店の特色から、レート、換金率、設備内容、サービス内容、機種構成、スタッフ力など、他店と差別化出来る部分ですね。

とてもとても考えさせられますね。

-Y氏の「言ってみた」
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.