Y氏の「言ってみた」 Y氏の激闘乱文!

射幸心を完全抑制!ギャンブル依存症の根本的解決を|д゚)

投稿日:2018年6月10日 更新日:

昨日の「CRシンフォギア専門店」の記事が飛んでしまい失礼しました。

「CRシンフォギア」専門店が遂に誕生!?話題の「スマイルマックス熊谷」さんに迫る|д゚)

「CRシンフォギア」の「専門店」さんが誕生するという情報を掴んだY氏。 あれだけ ...

続きを見る

パチンコメーカー団体である「日工組」の理事長ですが、「CRシンフォギア」を世に送り出した「サンキョー」の社長さんでもあります。

その理事長が、以下の様に述べております。

筒井公久理事長は「業界は今、依存問題への対策が急務であり、パチンコ・パチスロ産業21世紀会を中心に取り決めた内容の実現に全力を挙げ、製造業者として射幸性に頼らない多様な遊技機づくりを推進するとともに、遊技機の適正管理の徹底に向けて安心して遊技できる環境づくりを目指していく」と表明。

そして総会において重要課題として「改正規則に対応した遊技機の販売促進」、「依存対策の推進」、「多種多様な遊技機の開発」、「適正管理のシステムを構築し、対応した遊技機の推進」、「製造および流通管理の徹底」の5項目を掲げ、組合一丸となって取り組んでいくことを報告した。

さらに「製造業者としてコスト削減や環境にも配慮し、市場に混乱をきたさぬよう知恵と技術の総力をあげて取組み、1日も早く新規則に対応した安心して楽しんでいただける遊技機を開発し、新たなファンを呼び込むことができるよう全力を挙げていく」と述べた。

アミューズメントジャパンさん引用

「射幸性に頼らない」と言うのは、正直な所難しいとは思いますけど、多様な機械作りと言うのは、どんどん進めていって欲しいですね。

射幸心とはなんのか

そもそも「射幸心」とはなんぞやとなった時にですね、日本政府は風俗営業法の射幸心を、偶然に財産的利益を得ようとする欲心としています。

必然に得られる訳ではなく「偶然」に得られるからこそ、「いつ出るか」解らず「そろそろ出るかも」「そろそろ当たるかも」という具合に、歯止めが効かなくなるんでしょうかね。

もちろん当たってしまった時の「射幸」はかなりのものだと思います。

この度合いが高いほど「射幸性」も高くなる訳ですね。

ですから、ホールは国民が偶然に得られる財産としての欲求である射幸心を著しく煽る営業をしない様に、生活が安定するように、勤労によっての財産を得させる様に努めてくださいという事ですね。

でも、偶然に得られる財産って言えば「宝くじ」の事じゃないですか。

だがしかし!

宝くじは国に認められたギャンブルです。

「toto」なんか日本政府が「2,000億円」近く出資されてますからね。

しかし、パチンコ&スロットは「大衆娯楽」です。

国会では「ギャンブル依存症」が叫ばれておりますが、遊技業界は「公営ギャンブル」として、国に認められてません。

なのに「ギャンブル」という言葉を国会で使うのはおかしいですね(; ・`д・´)正確には「パチンコ&スロット依存症」ですね。

では仮に「遊技業界」が国に認められた「公営ギャンブル」になったら、遊技業界は依存性問題も起きないのか?

依存症問題は、起きますよね|д゚)

カジノで火が付いた事もありますが、「アルコール依存症」や「ニコチン依存症」のように、ここまで叩かれなかったかもしれませんけど。

宝くじ依存性

「totoBIG」なんか「6億」だの「7億」だの謳ってるので「超爆高射幸性」です。

実際に宝くじ依存症で悩んでいる方も、沢山いるようです。

しかし、一方でそこまで当選金額が高く当選率が低いと、どうせ買っても当たらないという思考になる人も多いですよね。

ですがパチンコ&スロットは、すぐ近くに打ちに行けて、そこまでの投資をせずに当たってしまう事が多々あるんですね。

これがタチ悪いです(; ・`д・´)

また当てたい、また当たるはず

この思考になってしまいます。

ここでどうせ行っても勝てない、当たらないという思考の方は、行かなくなったり、依存症になる確率が下がりますね。

ギャンブル依存症に有効か

今この「ギャンブル依存症」に、精神薬が有効なのではないか、という話も出ております。

Y氏の相方である冷静沈着な男「X氏」は10年前からこの事に言及しておりました。

X氏
ギャンブル依存症は精神疾患に近いので、依存症の人は打つ事で精神を安定させる。

なので精神安定剤を服用する事で、その作用は比較的収まるはず。

確かに「ニコチン依存症」も「アルコール依存症」も、病院で治す時代です。

自力で治せないまま、10年も20年も苦労する、または苦労をかけてはいけません(; ・`д・´)

本当は風適法の全面改正

そもそも遊技業界が無くなれば。

「お酒が無くなれば」「タバコが無くなれば」「宝くじが無くなれば」という話をする方も当然出てくると思います。

しかし、これらは娯楽の一部に当たり、無くなった所で人は娯楽を求めると思います。

「3店方式」も換金の事実を政府は認めながら「直ちに違法になる訳ではない」と答弁しておりますし。

それなら換金は今のままで良いとして|д゚)

ただ「依存症対策」は必須ですから、その根本的部分に迫り、大衆娯楽を目指しましょう。

一時来る「集客減少」は仕方ありませんが、その後「大衆娯楽」になれば回復するでしょう。

まずは「保通協」さんの「試験料金」の大幅値下げ!

これは必須です!|д゚)

「業界是正」はホールとメーカーだけ!?メス入れしましょう|д゚)

保通協さんの新台試験 メーカーさんが機械を販売するために「保通協」さんへ「型式試 ...

続きを見る

その後に、メーカーさんの機械代の大幅値下げ!

そしてホールさんの高レート規制&低換金化!

これで「大衆娯楽」を目指すしかないですね。

本当に「依存症」対策したいなら、一番最初に変わらなきゃいけないのは「保通協」さんと、それを抱える「警察庁」さんです。

やはり「巨大な利権を抱えた黒い組織」がいるんですかね|д゚)え?

-Y氏の「言ってみた」, Y氏の激闘乱文!
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.