カジノ情報|д゚)

60億円かけて2019年7月にカジノ管理委員会爆誕|д゚)

投稿日:2018年8月31日 更新日:

・内閣府の2019年度の概算要求額は3兆2572億円、18年度当初予算比2%増額
・内閣府は、その外局として設置される「カジノ管理委員会」の設立準備および運営費など関連経費で約60億円を要求
・政府は、「カジノ管理委員会」2019年7月1日に発足させる方向で調整。職員は当初95人規模

カジノIRジャパン様

着々と進んでおります。

来年の7月1日に「カジノ管理委員会」を発足させ、職員は95名規模その中の一人がY氏という事ですね|д゚)←大嘘

カジノ管理委員会とは

独立した強い権能を有する三条委員会とする観点から、政府案を了とする。5人の委員、国会同意人事など。調査の外部委託については、能力や廉潔性を担保する。

カジノIRジャパン様

出ました、三条委員会です。

三条委員会とは庁と同格の行政機関であり、府省の大臣などからの指揮や監督を受けず、独立して権限を行使することができる合議制の機関です。

つまり強い権限を持っている独立した行政機関という事ですね。

遊技業界に深く関わっている「国家公安委員会」も、この三条委員会の一つなんですね。

遊技業界の方々はお馴染みの委員会ですね(; ・`д・´)

そしてその「カジノ管理員会」の設立準備や運営費や関連経費に「60億円」かけるよと言っております|д゚)ほぅ

カジノ管理委員会の罰則規定

今の所、発表されている罰則規定として

カジノ免許を不正取得(虚偽の申請内容など)した場合、法人には最大5億円の罰金

カジノ免許を不正取得した場合、法人役員など個人には5年以下の懲役や500万円以下の罰金

顧客の不正入場(上限回数以上など)を許した従業員には3年以下の懲役や300万円以下の罰金

最大5億・・・ジャンボ(; ・`д・´)

ちなみに、我々の方では無許可で風俗営業を行うと2年以下の懲役、または200万円以下の罰金となっております。

つまりカジノ免許の不正取得には、とっても厳しい姿勢で対応していくという事ですね。

現状のカジノ候補地

カジノ施設3箇所の候補地として圧倒的に強いのは「大阪」ですね。

大阪の松井府知事の動きには、目を見張るものがあります。

次点で「北海道」「長崎」という感じでしょう|д゚)東京どうした|д゚)

カジノではリニューアルオープン!(詐欺)とかリフレッシュオープン!(詐欺)とか、遊技業界と同じ過ちは起きないと思いますが、その辺はカジノ管理委員会さんが健全化に努めてくれる事でしょう。

-カジノ情報|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.