業界ニュース|д゚)

受動喫煙防止条例案でIQOSが救世主となるか!?|д゚)

更新日:

タバコの値上げの話も度々聞きますが、遊技業界でも避けては通れないのがコチラですね。

「受動喫煙防止条例案」

「東京都」が議会で可決した受動喫煙防止条例案です。

そして今「東京都」だけでなく、政府が、受動喫煙対策の「健康増進法改正案」を今国会に提出しています(; ・`д・´)

こちらは東京都の受動喫煙防止条例に比べ、緩やかな条例になるとの事ですね。

政府案の方は「個人経営、又は資本金5千万円以下で、客席面積100平方メートル以下の既存飲食店は、店頭で喫煙などの表示をすれば、喫煙専用室がなくても、喫煙を認めているようです。

加速する受動喫煙防止対策

パチンコ屋に限らず、次々と「受動喫煙防止」が進められてますので皆さん健康体になりそうですね|д゚)え?

「東京都」は「東京オリンピック」がありますから、後二年足らずで施行するスケジュールです。

やはり「オリンピック」が目先のビッグイベントになりますから、「カジノ」まで手が回らないのもありそうですね。

ただ気になるのが「2020年4月に全面施行」するとの事で、違反者には5万円以下の過料を科すという事ですが、誰がどう取り締まるんでしょうか(; ・`д・´)

パチンコ屋について

ホールについては、「不特定多数」の方が利用する施設として、「原則屋内禁煙(喫煙専用室設置可)」とする「第二種施設」となるようです。

コチラは現在、政府が国会で審議している「健康増進法改正案」と同様の扱いとなります。

こうなると、至高の瞬間である「ドヤ煙草」が出来なくなってしまいますね。

一方では、禁煙されてからタバコの臭いが嫌でホールに行かなくなった方が一定数おり、そういった方がまた来店する事も「僅か」ですが、あるかもしれません。

ですが、喫煙できないストレスから引退する方も居るかもしれませんし、ほとんど期待できる数値にはならないと思います。

当初の話との違い

当初話が出た時には「加熱式たばこについては、紙巻きたばこと同様の扱い」でしたが、政府案と足並みをそろえる内容に変更されたようで、加熱式たばこ専用喫煙室内での遊技が可能となったようです。

しかし、またここで揉めているようです(; ・`д・´)

なぜ健康被害が絶対に無いという確証を持たない、加熱式たばこが良いのかという事ですね。

だったら紙タバコも同じように「専用喫煙室」でいいのではないか|д゚)

臭いの面では「加熱式タバコ」の方が確かに弱いですが、健康面から見た場合は「専用喫煙室」があれば良いとなりますよね。

構造変更は承認制

もう一つ課題として残るのがこれですね。

「風適法」には、客室面積の変更や仕切りを付けたりする時には「構造変更」しますよと、先に所轄に提出して検査を受ける必要があります。

この変更申請は、承認されるまで「原則」変更部分の使用不可という状況になりますので、所轄によってはその場所を見て店休を強いるケースがあります|д゚)え?

そうなるとこうですね|д゚)

都が「屋内原則禁煙条例」制定!その時パチ屋がやることはアレだ|д・)

東京都の小池都知事が、8日に発表しております。 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて東京都は8日、公共施設や飲食店 ...

続きを見る

「加熱式たばこ専用喫煙室」と言うのが、どういったもので良いのか、今後の展開に注目していきます。

-業界ニュース|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.