業界ニュース|д゚)

一般入賞口入賞に入賞100%の時代が来た|д゚)

更新日:

遊技産業健全化推進機構は7月24日、ぱちんこ遊技機の入賞口の入賞状況に関する無通知の立入調査「遊技機性能調査」について、平成27年6月から今年5月末までの調査結果を発表した。
 
開始から3年の間に実施した調査は、全国51(延べ320)地区、有効調査台数は、1,736店舗の2,934台。打ち出し球数の平均は3,103個、一般入賞口への入賞が確認された遊技機は2,241台(76.4%)となっている。調査当初は、一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数比率が28%ほどに留まっていたが、新基準のぱちんこ機の普及など環境改善によって是正が進み、昨年からは調査した全台で一般入賞口への入賞が確認された。入賞球数もほぼ全ての台で10個以上の入賞があったことが報告されている
 
遊技機性能調査はホールに無通知で行われる覆面調査で、検査員が一般客に混ざって遊技し、1台のぱちんこ遊技機において、大当り等を挟まず2,000個以上の打ち出しが確認できた調査のみを有効としている。

遊技通信様

ふむふむ(; ・`д・´)

この上の記事はあくまで「3年間」の話ですね。

下の記事は、直近になります。

一般社団法人遊技産業健全化推進機構は7月24日、遊技機性能調査の結果を発表した。

 直近の2018年5月の有効調査台数は、全国4地区36店舗の71台。このうち、71台全てにおいて一般入賞口への入賞が確認された。

 これで2017年1月から17カ月連続で、一般入賞口の入賞状況が100%となっている。

 遊技機性能調査は、2015年6月から開始され、今年5月までの有効調査台数は、全国51(延べ320)地区1,736店舗の2,934台となっている。

グリーンベルト様

グッドニュースです

健全化機構さんが発表した数値では、17ヶ月連続で一般入賞口の入賞率が100%という結果になりました|д゚)

全国的に調査している様ですが、毎月全国で「100台弱」の検査・・・|д゚)

まあ、それは良しとして。

たぶん良化している

Y氏も20年近く業界に携わってきました。

今回の発表でもそうですが、近年の規制や自粛を受けてホール側の意識は年々変わってきている思います|д゚)

今までの業界体質からすると、間違いなく「グレーゾーン」を追求する事が先立っていました。

特に広告規制に関しては、皆様ご存知の通り、如何にグレーゾーンを突いて隠語を使い、言葉巧みにイメージさせ集客させていくか。

もちろん、そういう事に注力していましたから、指摘を受けているホールさんもありました。

しかしながら「今は落ち着いた」というのが全国的なイメージだと思います。

「群馬県」の「みなし機」撤去

周りの県も巻き込んだ今回の、みなし機問題にしてもそうですね。

以前から指摘されてた「みなし機」を、意識して撤去してきたホールさんからすると「まだみなし機置いてあるの?早く撤去させなさいよ。」と言うのが本心でしょうしね|д゚)

大分時間が掛かったと思いますが、着実に、この業界は普通になってきていますね。

普通の事なんですが、良化していると思います|д゚)

-業界ニュース|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.