業界ニュース|д゚)

メーカーへの重量要望の次はこちらです|д゚)

投稿日:2018年4月24日 更新日:

先日、全日遊連が遊技機の「音と光」に対して要望を出している旨の通知が来ました。

全日遊連は4月18日付けで、メーカー団体の日工組と日電協に対し、遊技機の音量と光量の調整機能に関する要望書を送付した。

音量の調整機能に関しては、調整範囲の上限値を各ホールで設定できるようにするほか、その調整範囲は数値的に多段階にして全メーカー共通とすることを要望。また、セキュリティ音(報知音)の音量は設定値に比例して上下するよう求めた。光量の調整については、その調整範囲を多段階とするよう要望した。

要望書の中で全日遊連は、同連合会が先に実施したファンアンケートで、ホールに対する不満の大きな要因のひとつに「遊技機の音量」が挙げられていたほか、中・高齢者を中心に遊技機の「大きすぎる音」や「眩しすぎる光」を不快とする傾向が見受けられたことを説明。さらに、火災報知機等の警報音が聞え難い状況では防犯・防災上の問題があるほか、各ホールが職場環境の改善に取り組んでいる中にあって、来店客やホール従業員に騒音性難聴の発生リスクが生じているなどとした。

遊技通信様引用

筐体の進化

近年では「筐体上部」からキャラの頭を出してみたり、剣を差し込めるようにしてみたり、スピーカーにウーハーを積んでみたり、役物が落下した際に目が潰れるんじゃないかと思う程のフラッシュを浴びせたりと。

各メーカーさんが「創意工夫」をし、目覚ましい成長を遂げてきました。

この音と光は遊技機の「射幸性」をより高める材料としては必要不可欠になってますし、最近のゲームセンターに置いてあるアーケードよりも、よりエキサイティングな仕様になっている為、Y氏はそこに欲求を満たしにいってしまう事もあります←依存症

サウンドの重要性

例えば音についてですが。

愛すべき名機~SHAKE~愛されるには訳がある|д・)

SHAKE それはスロット「大量獲得機」時代に火付け役にもなった機種だったのでは ...

この時にも書きましたが「サミー」さんの「サバンナチャンス中」「アラジンチャンス中」など、心地よいサウンドの中で期待をしながらレバーを叩き、ボタンを押すという行為に満たされる方も居るのではないでしょうか。

個人的に好きなのは「エンターライズ」さんの「戦国BASARA」上乗せ音です。

サウンドの種類では「ユニバ」さんの「凱旋」「AT上乗せ音」とか「バジ絆」「真瞳術チャンス」等は他のユーザーも振り返る程のインパクトですからね。

警報が聞こえない?

光に関しては、中高年になるとやはり目に染みる訳で。

特にパチンコの上から落ちてくる役物の光り方と音がが尋常じゃなくなってきてますからね。

ご老人であれば気絶も考えられる事案です。

最近ではスロットの「花の慶次」が、常に眩しいので打ちたくても打てないというY氏自身の老化も懸念されています。

この度は、そんな危険な音と光に対しては、光は目の健康の為と、音は耳の健康と店内で火災や非常事態に陥った際に、警報が聞こえないとまずいでしょうという事で、上限を付けた中でユーザーが調整出来るようにしてほしいという要望ですね。

納得|д゚)

-業界ニュース|д゚)
-, ,

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.