カジノ情報|д゚)

カジノ誘致レースは大阪の本気度が凄い|д゚)目が離せません|д゚)

投稿日:2018年7月5日 更新日:

もうこんな事が始められてるとは(; ・`д・´)

大阪府市 高校生へのギャンブル依存症教育を推進 IR誘致レースも視野に

・7月2日、大阪府市は、初めて高校生に向けたギャンブル依存症についての授業を開いた
・まずは、大阪市立都島工業高校の3年の生徒約360人を対象。精神科医師がインターネットへの依存などを例に、依存症の特徴や予防のための対策を講義した
・大阪府市は、今年度中に公立や私立の高校10校ほどで依存症予防の授業を行う予定
・大阪府市は、IR誘致レースにおいても、依存症対策の準備の先行をアピールする考え

カジノIRジャパン様

「ギャンブル依存症」についての授業ですか・・・。

え?授業で「ギャンブル依存症」を?(; ・`д・´)

それを聞いた生徒さんは「どんな気持ち」なんでしょう。

生徒さん達の未来の為なら良いですけど。

依存度合いも、依存パターンも十人十色だと思いますけど、インターネットへの依存を例にというのは非常に興味深いです。

若者向けの、ガチャで課金が増加する「ゲーム依存症」などもやったんですかね。

授業の中身が物凄く気になります|д゚)

あくまでも「ギャンブル依存性対策」の授業という事ですからね。

話を広げて「公営ギャンブル」である「宝くじ、オート、ボート、競馬、競輪」などの依存性対策も当然やったんでしょう|д゚)え?

大阪の本気度

高校生に「ギャンブル依存性対策」の授業を行うというのは、ちょっと「先走り感」が凄いですけど。

これだけ「依存症対策」してますよと、先手を打って動いてる辺り本気度が伝わってきます。

やれるものは全部やって「大阪」に、カジノ誘致しようという「熱量」に関しては凄いです(; ・`д・´)

「松井府知事」の行動力には、目を見張るものがありますよね。

松井知事 遅くても2024年開業 大阪のために事業者群と交渉

・開業タイミングについて
「われわれが今、目指しているのは2023年度中というのが一つの目途」
「ぎりぎりで、遅れても(2025年国際博覧会前の)2024年には大阪でIRを実現させたい」
・IR事業主体について
「われわれ地方自治体は、大阪に対しての貢献をIR事業者に求める。こちらが求める条件で交渉する
「相手(大阪IR事業を目指す企業)も数社あるから、できるだけわれわれの条件に見合うところと一緒にIRをつくり上げる」

カジノIRジャパン様

貪欲です|д゚)

貪欲ですが「IR3箇所」の中に「大阪」を当選させる事に注力する、その為の「根回しとPR」については、上手だなと思います|д゚)

「北海道」の「苫小牧」も進んでいるようですが、ここまでの誘致レースでは「大阪」の強さが際立ってるのが現実です。

北海道の状況

北海道庁 IR誘致 ギャンブル依存症問題に対処可の認識。誘致判断は今後

・7月2日、北海道議会予算特別委員会では、IR誘致の是非に関連する議論があった
・議会側のギャンブル依存症懸念に対し、道は、シンガポールの事例(しっかりした規制を導入し、依存症問題を改善)を引用し、「十分に対処できる可能性がある」との認識を示した
・今後、道は海外事例などを活用し、ギャンブル依存症の事実を周知することで、道民の懸念解消に努める考え
・ただし、IR道内誘致の是非については「北海道にふさわしいIRのあり方や優先すべき候補地などについて整理する中で適切に判断していく」とした

カジノIRジャパン様

積極的な地域が一丸となって進めていくのが一番ですが、住民を無視する事だけはいけませんよね。

徹底した整備を協議した上で進めていくのは、想像を絶する体力が必要ですが、成功者だけが得られる「報酬」が、そこにあるかもしれない|д゚)

ですからね。

それだけに「松井府知事」を動かす力は強く、周囲の期待を背負って進めていける人は凄いです。

「大阪」へカジノ誘致するのには、賛否がありますが、いつの時代も「本気で何かを推し進める人」を見てると応援したくなります|д゚)

-カジノ情報|д゚)
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.