Y氏の「言ってみた」

ギャンブル依存症VSアルコール依存症|д゚)

投稿日:2018年2月22日 更新日:

Y氏です。

そう、大好きですビールは。

やっぱり仕事のストレスが溜まってるんでしょうね|д゚)

毎日毎日、スーパードライを飲んでしまいます。

一時期限定で出てた超辛口の「スーパードライエクストラシャープ」が美味すぎて買い占めてましたが。

近日、同じ様な辛口の瞬冷が出るようですね。

アサヒ派じゃない方には、興味のない話です。。。

射幸性を煽らない為に

さて、もう周知の事ですが、我々の業界では射幸性を著しく煽ってはいけません。

パチンコ業界は、娯楽に位置付けられていますからね。

その割に施設紹介などでは「遊技場」だったり「ギャンブル場」だったりと、その存在自体が曖昧です(; ・`д・´)

そして近年一気に持ち上がってきた「日本型カジノ」の話題から問題視されている「ギャンブル依存症」対策の為に、射幸心を煽らないようにしなくてはいけません。

国民の生活が第一

政府、警察庁は当然国民を守る立場にありますから「ギャンブル依存症」によって、生活が困難になってしまう方、またご家族に不安を与えてしまう方が増えないよう、業界に対してそれぞれ対策を講じてきました。

業界団体にはギャンブル依存性対策。

機械メーカー団体には高射幸性機の自粛。

ホールには広告とイベントの規制。

業界を挙げて、自らの産業を縮小させる形で取り組んで来ました。

アルコール…アルコールは(; ・`д・´)

アルコールは如何でしょうか?

酩酊状態での駅ホームへの転落事故

大学サークルの急性アルコール中毒での死亡

海老蔵さん事件

最近では日馬富士さんの引退事件

飲酒関連でしたね(; ・`д・´)

飲酒こそ、20歳以上を対象にしていたって、一番判断力が失われ事件に繋がるものだと思います。

最近では「9%の酎ハイ」など、それ以上割らずに飲むタイプや、コンビニで身近に買えるビールを「第3のビール」として度数を上げて販売する事自体に違和感を覚えます。

「経済的」にはいいんですけどね|д゚)

うちの業界も

死亡事故や、他人に迷惑行為を起こしがちな飲酒のアルコール度数の上限が下がらず、身近なビールから第3のビールでアルコール度数を上げてくるなら、我々もやりましょう。

「第3の回胴式遊技機」として全く違う形で「高射幸性機」「ユニバ」さん辺りから出しましょう(; ・`д・´)

そういえば、昔あったパロットってご存知ですか?

パチンコの玉を使って、スロット台を打つやつです。

ただパロットの位置付けでは普通の遊技機になってしまうので、非組合のメーカーさんで「第3の回胴式遊技機」「バジ絆」辺りで強引に行きましょう(; ・`д・´)

さて、パチンコ税法が再燃する前に寝ます←酔っ払い

-Y氏の「言ってみた」
-

Copyright© PS遊技業界CH , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.